現在位置 ホーム > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 人権作文コンテスト、人権啓発ポスターコンクールで市内小中学生が入賞!

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年1月11日

人権作文コンテスト、人権啓発ポスターコンクールで市内小中学生が入賞!

藤代南中1年生の作品が茨城県大会で「奨励賞」を受賞

水戸地方法務局と茨城県人権擁護(ようご)委員連合会は、第37回全国中学生人権作文コンテスト茨城県大会を実施し、県内の中学生から19,432編もの多くの作品が応募されました。その中から、取手市立藤代南中学校1年生の作品が「奨励賞」を受賞しました。

茨城県大会入賞作品紹介

奨励賞(龍ケ崎人権擁護委員協議会金賞)

5名の市内中学生が龍ケ崎人権擁護委員協議会から表彰

龍ケ崎人権擁護委員協議会管内(龍ケ崎市、守谷市、稲敷市、牛久市、つくばみらい市、利根町、河内町、取手市)からは3,360編の応募があり、取手市内では7校の中学校から787編の応募がありました。龍ケ崎人権擁護委員協議会は管内から応募された作品を表彰しており、上記1編が金賞を受賞したほか、銀賞2編銅賞2編の受賞がありました。

龍ケ崎人権擁護委員協議会入賞作品紹介

銀賞

銅賞

全国中学生人権作文コンテストとは?

法務省と全国人権擁護委員連合会では、人権尊重思想の普及高揚を図るため、啓発活動の一環として、昭和56年度から毎年「全国中学生人権作文コンテスト」を実施しています。
次代を担う中学生が、日常の家庭生活や学校生活の中で得た経験に基づく作文を書くことを通して、人権尊重の大切さや基本的人権についての理解を深め、豊かな人権感覚を身に付けることを目的としています。

人権作文について、詳しくは下記法務省のページをご覧ください。

「全国中学生人権作文コンテスト」のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

人権啓発ポスターコンクールにおいても、市内小学生が入賞

茨城県と茨城教育委員会では、人権について正しく理解し、人権尊重の意識を高めることを目的として、人権啓発ポスターコンクールを実施しました。県内の小・中・高校生から10,526作品が応募され、そのなかで取手市立寺原小学校4年生の作品が入賞しました。

平成29年度人権啓発ポスターコンクール 佳作

取手市立寺原小学校4年 辰井柚南(たついゆずな)さん

29年度人権啓発ポスターコンクール入賞作品

入賞作品を展示しています

人権作文コンテスト、人権啓発ポスターコンクールで入賞した作品を、取手市役所本庁舎1階市民課脇、藤代庁舎1階入口付近で展示しています。お近くにお立ち寄りの際にはぜひご覧ください。

市本庁舎の人権作文、ポスター紹介の様子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

広報広聴課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱