現在位置 ホーム > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 取手市福祉まつりで人権啓発活動を実施!

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年10月31日

取手市福祉まつりで人権啓発活動を実施!

平成29年10月28日(土曜日)取手市福祉交流センターなどを会場に開催された「第3回取手市福祉まつり 笑顔のひろば」にて、人権擁護(ようご)委員と広報広聴(こうちょう)課市民相談室職員が人権啓発活動を実施しました。イベントに参加いただいた多くの人に人権を啓発し、「人権擁護委員」について知っていただけました。

人権啓発活動

「思いやりの心」や「かけがえのない命」など、人権についての理解を深めていただくため、また、「悩みは一人で抱えず相談」など、人権擁護委員の活動を、より多くの人に知ってもらうために人権啓発品を手渡しました。

健康まつりで啓発活動をする人権擁護委員
啓発品を手渡しする人権擁護委員

人権イメージキャラクターも登場

当日は、人権イメージキャラクターの「人KEN(じんけん)まもる君」にも啓発活動に参加してもらいました。ご来場の皆様に大好評をいただきました。キャラクターと触れ合ったり、記念撮影をする場面もありました。

第3回福祉まつりの人KENまもる君

人権擁護委員とは

人権擁護委員は、人権擁護委員法に基づいて人権相談を受けたり、人権の考えを広める活動をしています。
人権擁護委員制度は、様々な分野の人たちが人権思想を広め、地域の中で人権が侵害されないように配慮して人権を擁護していくことが望ましいという考えから設けられたもので、諸外国に例を見ない制度として発足しました。
人権擁護委員は無報酬ですが、現在、約14,000人が法務大臣から委嘱され、全国の各市区町村において積極的な人権擁護活動を行っています。

第3回福祉まつりでの人権擁護委員集合写真

取手市内で11人の人権擁護委員が活動

取手市には、現在、男性4人、女性7人の計11人の人権擁護委員が法務大臣から委嘱され、人権相談や市内各所での人権教室などさまざまな活動を行っています。
市内に在住、在勤、在学されている皆さんのグループや団体、企業などに出張人権教室にお伺いいたしますので、お気軽に広報広聴課市民相談室までお問い合わせください。
「出張人権教室のご案内」のページが開きます

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

広報広聴課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。