現在位置 ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険(75歳未満) > 手続き > 国民健康保険をやめる手続き(他の健康保険に加入したとき)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月28日

国民健康保険をやめる手続き(他の健康保険に加入したとき)

他の健康保険に加入したときは国保をやめる手続きが必要です。その方法と注意事項をご案内します。
次のときは、国民健康保険(国保)をやめる手続きが必要です。

  • 職場の健康保険等に加入したとき(被扶養者になったときも含む)
  • 取手市を転出するとき
  • 亡くなられたとき
  • 生活保護を受けるとき

(注意)75歳の誕生日を迎え、後期高齢者医療保険へ移行したときの手続きは必要ありません。

手続きのしかた

国保への加入手続きは納税義務者となる世帯主のかたが届出をしていただくこととなっております。
世帯主以外のかたが手続きをされる場合は「世帯主の委任状」が必要となりますので、必要書類とあわせてお持ちください。

 お持ちいただくもの

職場の健康保険等に加入したとき(被扶養者になったときも含む)

  1. 健康保険組合等が発行した新しい被保険者証(該当者全員分。写しでも可)
  2. 国保の被保険者証(該当者全員分)
  3. 国保の高齢受給者証(ただし、70歳から74歳までのかたのみ)
  4. 世帯主及び変更者全員分の個人番号カードなど(手続きに必要)
  5. 顔写真付きの身分証明書(運手免許証やパスポートなど)

来庁が困難なときは、郵送による手続きも可能です。詳しくは、国保年金課までお問い合わせください。

取手市を転出するとき

  1. 国保の被保険者証(該当者全員分)
  2. 国保の高齢受給者証(ただし、70歳から74歳までのかたのみ)
  3. 世帯主及び変更者全員分の個人番号カードなど(手続きに必要)
  4. 顔写真付きの身分証明書(運手免許証やパスポートなど)

亡くなられたとき

  1. 国保の被保険者証(ただし、世帯主が亡くなられた場合は世帯全員分)
  2. 国保の高齢受給者証(ただし、70歳から74歳までのかたのみ)

この場合、国保より葬祭費を支給いたします。
詳しくは、亡くなられたとき(葬祭費の請求手続き)をご覧ください。

生活保護を受けるとき

  1. 保護開始決定通知書
  2. 国保の被保険者証(該当者全員分)
  3. 国保の高齢受給者証(ただし、70歳から74歳までのかたのみ)

 窓口

受付場所

  • 本庁舎1階 国保年金課
  • 藤代庁舎1階 藤代総合窓口課
  • 取手支所

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時15分まで

 ご注意

保険税の変更および納付について

国保税は、後払い期別納付制度となっています。
国保をやめた後でも、加入していた月分の保険税を引き続きご納付いただくことになりますのでご注意ください。
税額の変更や精算の詳細については、手続きをおこなった翌月中旬に確定し、その内容をご案内します。
税の過納付が生じたときは、別途、税の還付をご案内をさせていただきます。

医療機関の受診について

他の健康保険に加入されたときは、手続きの日にかかわらず、国保の資格はその加入日時点で喪失(無効)となります。
健康保険組合の被保険者証が交付されるまでの間の受診についても、国保の被保険者証はご使用いただけませんのでご注意ください。万が一、使用されたときは、場合によりその給付額をご本人様へ請求させていただくことがあります。

医療機関を受診したいときは、加入した健康保険組合へ事前にご相談ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。