現在位置 ホーム > くらしの情報 > 生活支援・消費生活 > 生活相談 > ドメスティック・バイオレンス(DV)を受けたとき

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月14日

ドメスティック・バイオレンス(DV)を受けたとき

パートナーや配偶者等から暴力を受け、悩んでいるときは家庭児童相談室にご相談ください

ドメスティック・バイオレンスとは

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者や恋人、パートナーなど親密な関係にあるものから振るわれる暴力のことです。

身体的な暴力

  • 殴る
  • ける
  • 物を投げつける
  • やけどをさせる

精神的な暴力

  • 大声で怒鳴る
  • 無視する
  • 脅す
  • 人前でばかにする

経済的な暴力

  • 生活費を渡さない
  • 働かせない

性的暴力

  • 性行為の強要
  • 避妊に協力しない

暴力行為の特性

暴力を振るった後で何度も謝ったり泣いて反省し、やさしくなっても再び暴力を振るうといったように、DVは3つの局面を経てエスカレートしていくといわれています。

暴力の爆発期

感情のコントロールができなくなり、激しい怒りと暴力が爆発します。

ハネムーン期

暴力を絶対に起こさないと謝罪します。被害者に相手が変わるのではないかという期待を抱かせます。

緊張の蓄積期

些細な事にも反応しだして加害者は怒りっぽくなり、小さな暴力などが徐々に現れてくる時期です。

一人で悩まずに相談を!

助言や指導をおこなう専門アドバイザーである家庭相談員が相談をお受けします。
お気軽にご連絡ください。

相談方法

  1. まず、下記の電話番号におかけください。
    電話 0297-74-2141(市役所のオペレーターに「DV相談」または「家庭児童相談室」と伝えてください)
  2. 相談内容をお伝えください。

なお、面談をご希望の場合は、家庭相談員の在席状況等をふまえ日程調整させていただきます。
面談場所 取手市役所 子育て支援課内 家庭児童相談室(新庁舎3階)

受付時間

午前9時から午後4時まで(土日、祝日、年末年始は除く)

関連情報のページ

内閣府男女共同参画局

配偶者からの暴力被害者支援情報(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

茨城県

茨城女性青少年課(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

子育て支援課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。