現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 農業体験 > 親子米づくり体験講座 田植え後の様子をお知らせします

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年6月13日

親子米づくり体験講座 田植え後の様子をお知らせします

6月8日 イネは順調に成長中。田んぼにはいろんな生き物が。

5月12日に取手市市之代(いちのだい)地区にある農業ふれあい公園で行われた親子米づくり体験講座。みんなで泥まみれになりながら植えた苗の成長の様子をお届けします。

田植えから1か月後の田んぼ。緑の苗が田んぼ一面に広がっている画像。

晴れた日を狙って、農園にやってきました。青い空、田んぼは緑で覆われています。

イネの長さを測りました。緑の苗の植えられた田んぼにメジャーが垂らされた画像。

苗はどのくらい伸びたのでしょうか。メジャーで測ってみます。

だいたい40センチメートルくらいでしょうか。きれいな緑色でまっすぐ空に向かって伸びています。

苗を近くで撮ってみました。泥の中から、伸びている緑の苗の画像。

植えたときは細かった苗は、こんなに葉を増やしています。

そして、よく田んぼを覗き込んでみると…

おたまじゃくしが田んぼの中で泳いでいる画像。

田んぼの中にはたくさんの小さな生き物がいました。これは、おたまじゃくしかな。

しっぽを細かく揺らしながら田んぼの水の中を泳いでいきます。

そして、さらに貴重な1枚を撮ることができました。

しっぽがついているかえるです。田んぼの中で泳いでいます。

かえるです。

しかも、よく見ると、しっぽがついています。まだカエルになって間もないのでしょう。水面から地上に出てきました。ようこそ地上へ。

田んぼにはほかにも、見たことのない形をした生き物がいました。

7月7日(土曜日)には、ここで暮らす生き物たちと出会える「自然観察会」を開催予定です。

このふれあい農園で暮らす生き物たちを、案内人のガイド付きで見に行きます。どんな生き物たちに出会えるか、それは当日のお楽しみ。

普段なかなか目にしない田んぼや林の中を、みんなで一緒に見てみませんか。

観察会は午前9時からで、申し込みは不要です。7月7日はこの市之代の農業ふれあい公園に集合しましょう。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

スポーツ生涯学習課 

茨城県取手市藤代700

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-83-6610

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱