現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 「歴史・文化財」のお知らせ > 県指定文化財長禅寺三世堂の内部を公開します

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月17日

県指定文化財長禅寺三世堂の内部を公開します

県指定文化財の長禅寺三世堂の内部特別公開が行われます。
今回の堂内公開は、長禅寺で毎年4月18日に行われる百観音祭りでご開帳されるものです。

公開日

平成29年4月18日(火曜日)

時間

  • 午前9時から10時30分までと正午から午後3時まで
  • 午前10時30分から正午までは、法要行事のため堂内には入れません。
  • 法要行事は見学できます。

所在地

取手市取手2-9-1
JR(ジェイアール)取手駅東口から徒歩約5分です。
場所については、下の地図をご参照ください。
境内には駐車場はありませんので、ご了承ください。

料金

無料です。

長禅寺三世堂の説明

三世堂は3階建てで、1階には坂東三十三か所、2階には秩父三十四か所、3階には西国三十三か所の各観音札所のご本尊の写し(ミニチュア)が安置されています。
堂内には上り専用と下り専用の階段があり、順路に沿って進めば人の流れが交差しない「さざえ堂」になっています。
この機会に、不思議な堂内空間を体験してください。

長禅寺三世堂の正面
上の写真が、長禅寺三世堂です。境内は桜が満開です。
普段は閉まっている正面の扉から、参拝者が堂内に入っていきます。
三世堂の2階内部です。
上の写真は、三世堂の2階です。正面右側の階段は、3階から2階への下り専用の階段です。
手すりの左側は、2階をお参りする人の順路です。
このように、人の流れが交差しないようになっています。
また須弥壇(しゅみだん)の中には、秩父三十四か所の各札所のご本尊の写しが安置されています。
三世堂3階
上の写真は、三世堂の3階です。2階から上り専用の階段で上がってきた参拝者は、パーテーションの右側を進み堂内を1周してから再び建物の正面側(パーテーションの左側)に出ます。
安全上外には出られませんが、境内を見渡すことができます。

長禅寺三世堂について詳しくは、取手市の指定文化財一覧をご参照ください。

注意事項

  • 堂内・仏像などの写真撮影はできますが、他の参拝者・見学者のご迷惑とならないようにお願いします。
  • 階段が狭く、傾斜が急になっていますので、ご了承ください。

その他の文化財関係のイベント

旧取手宿本陣染野家住宅の臨時公開

4月18日(火曜日)に、県指定文化財・市指定史跡の旧取手宿本陣染野家住宅を臨時公開します。
水戸街道に残る3棟の本陣建築の中では、建築年代が最も古く、規模も最大で、唯一敷地や内部が公開されている旧取手宿本陣染野家住宅を、この機会にご見学ください。

時間

午前10時から午後4時まで(入場は3時30分まで)

所在地

取手市取手2-16-41
長禅寺からは、徒歩で約5分です。

料金

無料です。

駐車場

無料駐車場があります。

旧取手宿本陣染野家住宅については、取手市の指定文化財一覧をご参照ください。

埋蔵文化財センター第41回企画展の開催

埋蔵文化財センター展示室では、第41回企画展「貝塚を読み解く-中妻人の豊かな食卓-」を、4月23日(日曜日)まで開催しています。
埋蔵文化財センターにも、お立ち寄りください。

埋蔵文化財センターと企画展については、埋蔵文化財センターのページをご参照ください。

皆様のご来場をお待ちしています。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。