現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 郷土史刊行物 > 『ふるさと探訪』を販売しています

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年4月11日

『ふるさと探訪』を販売しています

『広報とりで』の毎月15日号に連載されてきた「ふるさと探訪」90回分を、このたび冊子にまとめ販売しています。
左が表紙・右が裏表紙
上の写真の左側は表紙です。昭和31年撮影の足踏み水車を回して、用水路から田に水を引く光景です。
右側は裏表紙です。昭和23年の常磐線松戸・取手間電化工事起工式記念花火大会のポスターです。
終戦直後の物資の不足した時代ですがカラー印刷で、常磐線電化にかける人びとの期待の大きさがしのばれます。

販売価格

1冊500円

体裁

A5判、並製、192頁

販売場所

  • 埋蔵文化財センター(〒302-0007、取手市吉田383、電話番号0297-73-2010)
  • 教育総務課(藤代700、市役所藤代庁舎2階)
  • 文化芸術課(寺田5139、市役所本庁舎2階)
  • かとう書店(白山3-2-8、電話0297-72-0461)
  • 河原崎書店(藤代502、電話0297-83-2044)
  • スズキオフィスシステム(白山3-2-4、電話0297-74-2292)

郵送申込

代金500円とゆうメール送料300円を現金書留、または郵便為替で上記の埋蔵文化財センターまで送ってください。届き次第発送します。
複数冊ご購入の場合は、送料は異なりますので、上記埋蔵文化財センターまでお問い合わせください。
代金後払いでのご購入もできます。上記埋蔵文化財センターまでお問い合わせください。

『ふるさと探訪』の内容

『広報とりで』の平成20年7月15日号から連載の始まった「ふるさと探訪」は、取手の郷土史や文化財をわかりやすい文章と写真で紹介してきました。
平成29年で連載10年目を迎えたことから、かねてからご要望のあった冊子化をいたしました。
私たちの生まれ育った郷土には、その土地ならではの歴史があり、大切に守り伝えられてきた文化財があります。
この機会に『ふるさと探訪』を手に取っていただき、郷土史への理解と関心を深め、文化財愛護の精神を育んでいただければと存じます。
取手宿本陣指定のページの組見本
上は、『ふるさと探訪』112から113ページの組見本です。「染野家(そめのけ)の取手宿本陣指定」を取り上げています。見開き2ページで一項目になります。
文章は約800字で原則右ページ、写真は原則左ページで2点掲載しています。
広報連載時の写真はすべてモノクロでしたが、今回カラーの写真はすべてカラーで掲載しています。

刊行記念講演会の開催

講演会は終了しました。ご来場ありがとうございました。

演題

世界遺産富岡製糸場と取手

講師

速水美智子(はやみみちこ)氏

日時

平成30年3月17日(土曜日)、午後1時30分から3時まで

会場

福祉交流センター多目的ホール(寺田5139、取手市役所敷地内、下の地図をご参照ください)
無料駐車場あり

定員

150人(当日受付順、開場は午後1時)

内容

国宝に指定され、世界遺産にも登録された富岡製糸場(群馬県富岡市)の第3代と第5代の所長を務めた速水堅曹(はやみけんそう)の墓所とモニュメントが市内にあります。講師の速水美智子氏は、速水堅曹研究会の代表です。
また富岡製糸場を所有していた片倉工業は、操業停止後も施設の保全に努め、国宝指定・世界遺産登録への道筋をつけました。
かつて取手駅東口前には、片倉工業の取手製作所がありました。
今回の記念講演会では、富岡製糸場と取手の知られざるかかわりについてふれます。
片倉工業取手製作所のページの組見本
上は『ふるさと探訪』150から151ページの組見本です。「世界遺産・国宝富岡製糸場と取手(その2)」のページになります。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱