現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 観光 > 年中行事 > 八坂神社例大祭

印刷する

更新日:2022年4月28日

ここから本文です。

八坂神社例大祭

関東三大御輿とよばれる勇壮な大御輿の渡御や底抜け山車、神楽ばやしなどが行われる伝統的な祭例です。神社は寛永3年(約370年前に建てられ神輿は文政9年(約170年前)に造られました。祭りは毎年8月1日から8月3日まで行われ、8月3日の夜が一番賑やかです。神輿は約80人の若者で担ぎ「荒みこし」と呼ばれています。関東でも屈指の「荒みこし」といわれています。

開催時期

8月1日から8月3日

八坂神社例大祭の神輿。紺色の帯状の布が神輿の頂点部分から引き下ろされ、多くの男性が神輿をかついでいる画像。

八坂神社例大祭で行われる能の舞台の写真画像。

八坂神社例大祭の写真。担がれる前の神輿の前に、宮司が数名いる。

お問い合わせ

産業振興課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-0257

広告エリア

広告募集要綱