現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手のまちづくり > 総合計画 > 新市まちづくり計画

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月16日

新市まちづくり計画

平成17年3月28日、取手市と藤代町が合併して人口約11万3500人、面積69.96平方キロメートルを有する新しい取手市が誕生し、合併後の新市まちづくりの基本方針を定めた新市まちづくり計画を策定しました。
そして、平成26年3月に、東日本大震災に伴う合併市町村に係る地方債の特例に関する法律(平成24年法律第36号)の改正により、新市建設計画に基づいて行う事業に要する経費について地方債(合併特例債)を起債できる期間の特例(合併の日が属する年度及びこれに続く20年度)が設けられたことをうけ、この特例を受けるために、新市建設計画の計画期間を平成36年度まで延長し、統計資料等の時点修正をしました。

新市建設計画書(PDF:1,637KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

政策推進課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。