現在位置 ホーム > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画 > 男女共同参画社会の実現を目指して

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月3日

男女共同参画社会の実現を目指して

分け合おう 仕事も 負担も 幸せも

取手市では、男性も女性もお互いの人権を尊重し、認め合い、お互い協力し合う男女共同参画社会の実現を目指しています。

男女共同参画社会とは、男女が、社会の対等な構成員として、自らの意志によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うことができる社会のことです。
市内には、家庭、職場、地域、教育など社会のさまざまな分野で、性別による固定的な役割分担意識や、それに基づく社会通念、慣習が根強く残っています。
こういった性別による差別を解消し、男性も女性も平等でいきいきと暮らすことができる、活力に溢れた取手市を目指して男女共同参画事業を推進していきます。

条例と計画

取手市では、男女共同参画社会実現への取組みをすすめるため、条例の制定、計画の策定と推進、その進捗を管理するための審議会の設置を行っています。

詳しい内容については、「男女共同参画条例と計画」をご覧ください。

情報紙の発行

男女共同参画についての周知啓発を図るため、『風』と題した男女共同参画情報紙を発行しています。
『風』は、男女共同参画に向けた基礎づくりの一環として、市民活動団体が主となって平成7年に創刊されました。地域社会のなかに男女共同参画のしなやかな風を入れることをめざし、『風』と命名されています。

『風』バックナンバーについては、「男女共同参画情報紙『風』バックナンバーをご覧ください。

啓発事業の実施

取手市では、市民の皆様に男女共同参画についての理解を深めていただくため、意識啓発事業として「女(ひと)と男(ひと)ともに輝くとりでの集い事業」を開催しています。
この事業は、市民で構成される実行委員会が市の委託を受けて行っているもので、平成28年度で20回目を数えます。
本年度の事業内容につきましては、実行委員会で詳細が決定され次第、お知らせしてまいります。

苦情相談

市の実施する事業のうち、男女共同参画施策と関連する事業等に対する苦情、相談を受け付けています。

詳しい内容については、「男女共同参画施策に関する相談窓口」をご覧ください。

出前講座

出前説明とは、男女共同参画の推進を担ってくれる人たちが、説明員として地域に出向き、市民のみなさんに、男女共同参画社会の理解を深めてもらうことを目的とした無料の説明会を行うものです。

以下のような内容について、説明員が自分の経験を踏まえて市民の皆さんにご説明いたします。

  • 男女共同参画社会について
  • 家庭や地域、さまざまな分野における男女共同参画について

詳しい内容や出前講座の依頼については、「男女共同参画に関する無料出前講座」をご覧ください。

助成金の案内

「労働時間等の設定の改善」及び仕事と生活の調和の推進のため、終日在宅で就業するテレワークに取り組む中小企業事業主を支援します。

詳しい内容については、厚生労働省ホームページ「職場意識改善助成金(テレワークコース)」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

取手市男女共同参画社会に向けた標語

最優秀賞

男女とも 歩みあわせて 輝くとりで(宮下拓也さん)

優秀賞(一般の部)

女の手 男の手 合せた未来 取手から(柴田殉三さん)
役割を担う意欲と任せるゆとり(辻純子さん)

優秀賞(学生の部)

同じだね 働く力と支える心(橋本美波さん)
認め愛 支え愛 補い愛(夏目杏子さん)
男女の手 大きさ違えど 価値は同じ(井上奈美さん)

男女共同参画内閣府資料

内閣府男女共同参画局「女性の政策決定参画状況調べ」のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)
内閣府「地方公共団体における男女共同参画社会の形成又は女性に関する施策の推進状況」のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

内閣府「仕事と介護の両立ポータルサイト」のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

市民協働課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。