現在位置 ホーム > 市政情報 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画 > 男女共同参画情報紙『風』42号を発行しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年10月31日

男女共同参画情報紙『風』42号を発行しました

取手市では、男女共同参画に関する情報や市内での活動状況を市民の皆さんや事業者の皆さんに広くお知らせして、男女共同参画に関する理解を深めていただくため、情報紙「風」を発行しています。
編集には、男女共同参画社会の形成に対して均衡ある視点を持った市民のかたが編集員として参加し、取材活動・編集作業を行っていただいております。

情報紙「風」は、毎号、広報とりでに折り込んで市内全世帯に配布しています。また、このページからもご覧いただけます。

情報紙風イメージ42号

男女共同参画情報紙『風』の最新号については、下記のリンクからご覧いただくことができます。
男女共同参画情報紙『風』42号(PDF:3,516KB)(別ウィンドウで開きます)

男女共同参画情報誌『風』のバックナンバーをご覧になりたいかたは、下記のリンクをご覧ください。
男女共同参画情報紙『風』バックナンバー

第42号 1面

地域で支えよう高齢化社会

5年後には、段階世代が75歳に達し「後期高齢者対策」は大きな課題です。こうした中で関心を呼んでいるのが「成年後見制度」です。

今回は「成年後見制度」をテーマに制度や成年後見制度に携わるNPO法人を紹介します。

  1. 成年後見制度と市民後見
  2. 成年後見制度の浸透を・女性参加で活動強化へ

「いつまでも自分らしく生きるために」を掲げ、活動参加を呼び掛ける特定非営利活動法人「とりで市民後見の会」の濱川美津子理事長、副理事長の内藤義彦さん、理事の丸山忠信さんに聞きました。

第42号 2面

成年後見制度 こんなときに利用できます

こんなときどうしたらいいの?具体的な事例を紹介しています。

女(ひと)と男(ひと)ともに輝くとりでの集い

「第21回女(ひと)と男(ひと)ともに輝くとりでの集い」が11月12日(日曜日)に開催されます。

今年は東京大学大学院総合文化研究科教授 瀬地山 角(せちやまかく)先生を迎え「笑って考えよう 家庭のこと 仕事のこと 未来のこと」と題して講演が予定されています。

また当日は市内公立中学生から募集した男女共同参画社会に向けた標語の表彰式があります。クラフトコーナーやカフェコーナーもありますので、ご参加ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

市民協働課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。