現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > ようこそ市長室へ > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年3月28日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

令和2年3月28日

3月27日に、市内医療機関である「JAとりで総合医療センター」において、院内感染の疑いを含む複数の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

市では同日から情報収集を行ったうえで、本日3月28日に、市と関係機関において状況の確認と今後の対応を協議しました。JAとりで総合医療センターでは、接触者や関係者へのPCR検査を実施するとともに、27日夜より外来・救急患者の受け入れを停止したうえで、安全の確保に全力を尽くしているとのことです。

先に東京都と首都圏の知事らにより外出自粛要請がされる中、今後数週間が感染のオーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重要な時期となります。スポーツ選手や著名人にも感染者が発生し、全国で感染者数が増加する中、市内での感染者の発生により、市としても新たな局面に入ったと認識しています。

市民のみなさまにおかれましては、これまでにも不要不急の外出を控えるなどの行動をされていることと思います。市では今後も引き続き迅速な情報提供を実施してまいります。市民のみなさまには、不確かな情報に惑わされることなく、引き続き感染拡大防止と早期収束に向けてのご理解とご協力をお願いいたします。

JAとりで総合医療センターホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

茨城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

令和2年3月28日 取手市長 藤井 信吾

令和2年3月26日

3月17日に茨城県において初の新型コロナウイルス感染者が確認されて以降、県内でも複数人の感染が確認されています。取手市においては、3月25日現在、感染者は確認されておりませんが、県南地区でも複数の発生が確認されていることから、いつ市内で発生してもおかしくない状況にあります。また全国的に感染経路が不明な陽性患者が増え、無症状感染者を媒介した感染拡大も懸念されています。そのような状況の中で、市民の皆様には引き続き、クラスター(集団感染)のリスクのある「換気が悪い」「多数が集まる密集状態」「間近で会話や発声をする場所」を避けていただくと共に、咳エチケットや手洗い等の徹底による予防にご理解とご協力をお願いいたします。また、感染の拡大が続き、大きな不安を抱えていることと思いますが、国や県、市が発信する公式な情報に基づいた、冷静な行動を心がけていただくようお願いします。

このような情勢の中、東京オリンピック・パラリンピックの開催延期が決定され、開催地である東京都では知事がロックダウン(都市封鎖)に言及するなど、混乱が続いております。世界に目を向けると、スペインでの死者数が中国を上回り、ニューヨークやパリ、イギリス全土でも外出禁止令が出されるなど、欧米でのオーバーシュート(爆発的患者急増)が進んでいます。WHO(世界保健機構)の発表によると、感染が確認された国と地域は199となり、感染者数も40万人を超えるなど、未だに収束の兆しが見えない状況です。世界的な感染拡大による、グローバル企業の活動低下や株価下落などによる経済への深刻なダメージの発生が想定され、我々の生活にも影響が及ぶことが懸念されます。感染拡大の防止に向けて、引き続き緊張感を持って対応を進めるとともに、子どもたちの居場所づくりや、市民の暮らし、経済活動など日常生活を維持していく努力も続けてまいります。

取手市においても、先日の文部科学省が公表した新学期からの学校再開に向けたガイドラインをもとに、4月からの学校再開に向けて調整を進めているところです。新学期以降も、引き続き子どもたちの安全、安心を最優先に考えながら、十分な警戒を続けてまいります。

なお、3月25日には東京都知事が緊急記者会見を実施し、都民に対して、今週末の不要不急の外出を控えるよう呼びかけを行いました。また、近隣の県も、都内への移動を避けるよう県民への要請を行う方向で調整を進めているとのことです。茨城県においても、3月25日の知事定例記者会見で、都市部への移動を避けるとともに、テレワークによる在宅勤務や、フレックスタイムによる時差出勤等の協力を呼びかけています。

このような状況の中で、取手市民の皆様におかれましても、都市部など感染が拡大している地域への移動については慎重に判断していただき、不要不急の外出を極力控えていただきますよう、感染拡大防止と早期収束に向けた取組へのご理解ご協力をお願いいたします。

 

令和2年3月26日 取手市長 藤井 信吾

令和2年2月28日

現在、全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
2月24日に国の専門家会議より「これから1、2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解が示され、同26日には、安倍首相から2週間のスポーツ・文化イベントの中止等の対応を要請するメッセージが発せられました。市ではこれまで「取手市感染症予防対策委員会」において、対応を検討し、市主催のイベントの中止などの判断をしてまいりました。
そういったなか、2月27日、首相から全国全ての小中学校、高等学校、特別支援学校について臨時休校が要請されるなど、感染拡大の防止は新たな局面に入りました。
この事態を受けて、市が一丸となって感染の拡大を防ぐべく、本日2月28日、「取手市新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げました。市民の皆様には引き続きご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。非常事態にあたり、市民の皆様の健康を守るために、今後も国や県の動向を注視し、関係機関と連携を取りながら適切な対応をとってまいります。

 

令和2年2月28日 取手市長 藤井 信吾

 

【市長コラム】2020年3月15日 新型コロナウイルス感染症感染拡大を受けて

新型コロナウイルス感染症に関連する情報

厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

茨城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱