現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 第16回全国障害者スポーツ大会 水泳競技の部で金メダル

ここから本文です。

印刷する

更新日:2016年11月25日

第16回全国障害者スポーツ大会 水泳競技の部で金メダル

平成28年10月22日から24日の3日間、岩手県において、第16回全国障害者スポーツ大会が開催されました。この大会に本市より県の代表選手として出場した竹内学さんが見事金メダルを受賞されました。

出場競技は水泳競技

竹内学さんが出場した競技は水泳競技の中の片上腕切断または片上肢完全の部における25メートル自由形と50メートル自由形です。

25メートル自由形ではタイムが18秒21で1位。50メートル自由形ではタイムが42秒36で1位という輝かしい成績を収められ、金メダル2つを獲得しました。

表敬訪問のため来庁

11月14日月曜日、竹内学さんと母の操さんが市長を表敬訪問されました。今大会の振り返りをお話しいただくとともに来年度の第17回全国障害者スポーツ大会(愛媛県開催)でも金メダルを取れるよう一層練習に励みたいという熱い思いを語っていただきました。

母、操さんの想い

学さん本人の喜びはもちろんのこと、学さんを支えた母、操さんの喜びも大変なものだったようです。操さんに今の想いを伺いました。(以下、本人談)

茨城県の選手団の一員として本大会に出場でき、貴重な体験をさせていただきました。身体障害に加え、自閉症、知的障害のある息子にとって普段と違う生活は負担もあったかと思いますが監督はじめ、多くのかたがたにきめ細かい配慮をしていただいたことで、穏やかに過ごすことができました。金メダルは皆様の支援があっての結果であると感謝の気持ちです。

5年前のことです。通所施設で学さんの夢はなにかと聞かれたことがありました。息子に夢があるかなど考えたこともなく、私は絶句しました。そこで息子に尋ねると「全国大会で金メダルをとりたい」と言いました。当時それは不可能な夢でした。それでも息子は練習を重ね、県代表として大会に出場、そして金メダルを獲得しました。実現不可能と思われた夢ですが、信じ諦めなかった息子は与えられたチャンスを活かし、ついに夢を実現したのでした。

竹内さん表敬訪問6

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

障害福祉課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-6600

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。