現在位置 ホーム > くらしの情報 > 住まい・交通 > 住まい・建築・土地・開発 > 住まい・土地の補助制度 > 「マイホーム借り上げ制度」有効活用セミナーを開催します

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月24日

「マイホーム借り上げ制度」有効活用セミナーを開催します

戸建中古住宅の有効活用を図るための「マイホーム借り上げ制度」有効活用セミナーを開催します。

市では平成28年4月から取手市定住化促進住宅補助制度「住ま入る(スマイル)支援プラン」の中で、シニア層の住み替えに対する支援を行っています。こうした市の支援策の一環として、一般社団法人移住・住みかえ支援機構との連携のもと、シニア層の持ち家を賃貸住宅として活用するためのセミナーを開催します。

住み替えなどによって空き家となる住宅の利活用を検討している市民のみなさんは、是非ご参加ください。

「マイホーム借り上げ制度」とは?

住み替えなどを希望している50歳以上のシニア層の住宅を最長で終身にわたって借り上げて、子育て世帯等に転貸しし、安定した賃料収入を保証する制度です。これにより、所有者は住宅を売却することなく、住み替えや老後の資金として活用できるというものです。

「マイホーム借り上げ制度」のご案内(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

「マイホーム借り上げ制度」のメリット

  • 一人目の入居者が決定以降は、空室が発生しても規定の賃料が保証されます。
  • JTIが借り上げて転貸するので、住宅の持ち主が賃借人と直接関わることはなく、家賃の未払いや家の不適切な使用などでの賃借人とのトラブルの心配がありません。
  • 入居者とは3年の定期借家契約での更新となるため、必要に応じて再び家に戻ることも可能です。
  • 持ち家を売却に出したが、建物が評価されずに希望の金額で売却が進まないなどの場合でも、市場の判断に委ねつつ売却と賃貸との平行募集が可能な仕組みとなっています。
  • 最長で終身にわたって安定した賃料収入が見込めます。

「マイホーム借り上げ制度」有効活用セミナーの概要と申し込み

日時

平成29年4月23日(日曜日)午後1時30分から午後4時30分(午後1時受付開始)

会場

取手ウェルネスプラザ セミナールーム(取手市新町2-5-25)

内容

  • マイホーム借り上げ制度の仕組みと活用事例
  • 個別相談会

講師

一般社団法人移住・住み替え支援機構 副代表理事 斉藤 道生氏

定員

先着50名(定員となり次第、締切りとさせていただきます)
(注意)受付定員数にほぼ達したため、メールによる申し込みを締め切りました。申し込みをご希望のかたは、電話にてお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

都市計画課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。