現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 生涯学習・スポーツ > 「生涯学習」のお知らせ > 学校図書館―市立図書館連携事業(サービス名「ほんくる」)を開始しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年10月26日

学校図書館―市立図書館連携事業(サービス名「ほんくる」)を開始しました

平成29年10月25日より、市内の全小中学校(小学校14校、中学校6校)において学校図書館―市立図書館連携事業(サービス名称「ほんくる」)を開始しました。

社会・経済環境の大きな変化により、子どもたちが多様な本と出会える機会はますます限られてきています。また、子どもたちそれぞれが置かれている環境によっても、本と出会える機会に格差が生じています。

このため取手市では、学校図書館を、子どもたちの本との出会いを担保するセーフティネットと位置づけ、毎日通っている学校で、市立図書館の本も借りることができるよう、学校図書館-市立図書館連携システムを整備しました。

本連携システムにより、市内の市立小中学校に通う児童・生徒ならびに教職員は市内に約40万冊を有する市立図書館の本も、インターネットなどから簡単に予約し、学校で本を受け取ることができるようになります。

(学校図書館及び学校図書館ホームページを市立図書館のサービス窓口としても積極的に位置づけるこのような取り組みは、茨城県内でも初めての取り組みとなります)。

本事業を通し、子どもたちの本との出会いの機会格差を解消します。

くわしくは、取手市立図書館のホームページをご覧ください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

図書館取手図書館

茨城県取手市取手1-12-16

電話番号:0297-74-8361

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。