現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防のお知らせ > 環状線の愛称は「とりかん」に決定

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年1月31日

環状線の愛称は「とりかん」に決定

都市計画道路3・4・3号上新町環状線の愛称が決定しました。
市では、歩くことを中心とした健康づくりを推進するとともに道路に愛着を持ってもらうことを目的に、平成28年10月1日から10月31日までの間に環状線の愛称を募集したところ、221作品もの応募をいただきました。
その作品の中から、愛称選定委員会で候補作9作品を選び、平成28年12月15日から平成29年1月13日にかけて、取手市役所、藤代庁舎、JA茨城みなみ農産物直売所「夢とりで」、成人式会場及び市ホームページで投票を行い、1,069票の投票がありました。
投票の結果、9作品の中で最多の245票を獲得した「とりかん」に愛称が決定いたしました。
愛称は、今後、ウオーキング案内看板の設置、ウオーキングマップの作成や市の広報活動等に広く使用していきます。
たくさんの愛称の応募、投票ありがとうございました。

愛称に込めた思い

今回「とりかん」の愛称を考案したのは6人のかたです。
皆さんそれぞれ「誰にでも分かりやすく、親しんでもらえるように」「実際に歩いてみて、歩く人にも初めて取手市を訪れた人にも分かりやすい名前にしたいと思いました」などと愛称に込めた思いを話してくれました。愛称を考案した6人のかたには、市から記念品(1万円相当)をプレゼントしました。

「とりかん」の愛称を考案した6人のかたと市長が記念撮影をしました
「とりかん」の愛称を考案した6人のかたと市長が記念撮影をしました

道路の概要

都市計画道路3・4・3号上新町環状線は、取手駅を中心とした取手市街地の周辺を環状に連絡する道路で、市街地交通の円滑化を目的として昭和36年に都市計画決定し、平成27年11月に全面開通しました。
全長約8.3キロメートルの環状線の周辺には、公共施設や産業施設、商業施設のほか、取手市の自然や歴史を感じられる場所が点在しており、桑原陸橋からは眼下に広がる田園風景を、八坂神社から取手駅方面へ向かう道中では取手宿本陣や長禅寺といった市を代表する歴史的建造物を楽しむことができます。

環状線の概略図

これまでの経過

10月1日 愛称募集開始

10月31日 愛称募集締切(221作品の応募)

11月10日 愛称選定委員会開催(221作品から候補作9作品の選定)

12月15日 愛称投票開始(候補作9作品)

1月8日 成人式会場で投票

1月13日 愛称投票締め切り(投票総数1,069票)

1月27日 愛称発表

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

健康づくり推進課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。