現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防のお知らせ > 平成29年度シルバーリハビリ体操指導士養成講習会が修了しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年8月10日

平成29年度シルバーリハビリ体操指導士養成講習会が修了しました

7月28日(金曜日)、シルバーリハビリ体操指導士3級養成講習会の閉講式が福祉交流センター多目的ホールで開催されました。

約一か月間にわたる全6回の講習会で知識と経験を身につけ、今年度は13名が3級指導士として認定されました。

講習会は体操の指導方法、関節や筋肉などの解剖運動学、嚥下(えんげ)体操など様々なプログラムで構成されています。

最終日となる7月28日(金曜日)では、取手市副市長から受講生の皆さんに「皆さんの活発な活動によって取手市をさらに元気な街にしてください」と、激励の言葉が送られました。副市長挨拶

受講生の皆さんに挨拶をする副市長

 

閉講式では受講生の皆さんに修了証書が送られ、最後に全員で写真撮影を行いました。

集合写真

受講生、指導スタッフ及び関係者の皆さん

シルバーリハビリ体操とは

茨城県立健康プラザの大田仁史管理者が考案した体操で、関節の運動範囲を維持拡大するとともに筋肉を伸ばすことを主眼とする体操であり、立つ、座る、歩くなど日常の生活を営むための動作の訓練にもなる「いきいきヘルス体操」や「いきいきヘルスいっぱつ体操」で構成されています。

シルバーリハビリ体操とは(茨城県立健康プラザ)(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

シルバーリハビリ体操に参加してみませんか(取手市)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

健康づくり推進課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。