現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > ようこそ市長室へ > 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(6月5日更新)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年6月5日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(6月5日更新)

令和2年6月5日

新型コロナウイルス感染症への対応について、市民の皆さま、事業者の皆さま方には多大なるご協力をいただき、心より感謝申し上げます。特に医療従事者の皆さまにおかれましては、自らの生命をリスクにさらしてまで、最前線でご尽力いただいておりますことに改めて敬意を表するものです。

取手市はもとより、茨城県においても、5月6日より新たな感染者は確認されておりません。ここに至ることができたのは、まぎれもなく皆さまのおかげであると考えております。重ねて感謝申し上げます。

さて、6月5日の午後3時に大井川知事の会見がありました。これにより、6月8日から高齢者を含めた外出自粛が解除されるとともに、東京圏への移動についても自粛要請を行わないこととなりました。

一方、ここ数日、都内においては新たな感染者が引き続き発生しております。「新しい生活様式」を参考に感染防止のため、外出時の身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いの徹底を引き続きお願いいたします。また、コロナとの共生を踏まえて、今後の第2波、第3波に備えなくてはなりません。

私たちは、「新しい生活様式」による日常をこれから作ってまいります。そのような中、取手市においても、公民館等の公共施設を順次再開し、学校も6月8日から通常登校とします。これにより、かつてのような市民の皆さまや子どもたちの笑顔や明るい声が響き渡る地域を取り戻してまいりたいと考えております。

そのために、市民生活支援、経済支援、感染拡大防止を3つの柱とした緊急支援対策を講じてまいります。

これらの支援策につきましては、市のホームページ上でも概要をご紹介しております。6月8日から始まる市議会定例会において、議員の皆さま方のご承認をいただき、市議会と一丸となって、市民の皆さま、事業者の皆さまへの支援と感染防止に取り組んでまいります。

皆さまのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

令和2年6月5日 取手市長 藤井 信吾

令和2年5月4日

本日、安倍内閣総理大臣より、5月6日までとされていた「緊急事態宣言」を「5月31日」まで延長することが発表されました。

取手市を含む茨城県は、首都圏の都県とともに引き続き「特定警戒都道府県」とされており、感染拡大防止のための取り組みを継続していく必要があります。

市民の皆さまには、これまでも長期間にわたり不要不急の外出自粛をはじめとし、学校の臨時休業、保育施設のご利用の自粛など、感染拡大防止のための対策にご協力いただいております。

また、事業を営んでいらっしゃる皆さまにおかれましては、業種によっては営業の自粛、時間の短縮などへのご協力のほか、外出自粛によるお客様の減少など、大変厳しい状況となられているかた々も多くいることと思います。

多くの皆さまに、ご不安とご不便をおかけしておりますことを心苦しく思うとともに、そのような中でのご協力に、心より感謝申し上げます。

これまでの皆さまの取り組みのおかげを持ちまして、爆発的な感染者の増大が食いとめられていることは、専門家も認めているところです。しかし、ここで気を緩めてしまうと、これまでの努力が水泡に帰すことにもなりかねません。コロナウイルス対策のために、もう一息の取り組みをあらためてお願い申し上げます。

政府専門家会議からは、「新しい生活様式」の具体例が示されました。これまでも皆さまが真摯に取り組んでこられたことではありますが、今後はこれら「新しい生活様式」を定着させていくことで、感染の広がりを長期的に防ぐことができるということだと思います。

長引く新型コロナウイルスとの闘いにおいて、皆さまお疲れになっていると思います。より一層体調管理に努めていただき、3つの密を避けた上で、マスクをつけた形での正しい外出や、家の中でもできるストレッチ等を行い、ストレスをためないようにご注意いただければと思います。

これからの1か月は、引き続きご自身と大切な皆さまの命を守りながら、緊急事態のその先にある出口に向かって進む大切な期間です。今後も、感染拡大防止と早期収束に向けた取り組みへのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月4日 取手市長 藤井 信吾

令和2年4月27日

4月24日(金曜日)に茨城県知事記者会見において、全ての県立高等学校・特別支援学校の臨時休校措置を5月31日(日曜日)まで延長することが発表されました。またそれにあわせて市町村立学校に対しても、県立学校に準ずる対応をとるよう、市町村に要請が出されました。

これを受け、取手市においても、市立小学校・中学校の休校措置を5月31日(日曜日)まで延長することを決定いたしました。なお、今後の休校期間中の子どもたちの生活に対するケアや、学習機会の補完などについては、引き続きできうる限りの措置を検討してまいります。

子どもたちや保護者の皆様には、引き続き大変なご負担を強いることとなることをご容赦ください。かけがえのない子どもたちの命を守るとともに、この新型コロナウイルス感染症の一刻も早い収束を目指し、引き続き国や県と連携し、対策を講じてまいります。

なお、休校措置の延長とともに、外出自粛要請が続いていることで、子どもたちの運動不足が懸念されております。これから大型連休を迎えるにあたって、子どもたちと過ごす時間も増えるかと思いますが、ご家庭におきましてもなるべく体を動かす取り組みを進めていただき、ウイルスに負けない体作りを心がけましょう。

また、市民の皆様におかれましては、このような状況下でこどもたちも大変強いストレスの中で日々過ごしていることをご理解いただき、過度に不安を煽ったり、他者を傷つけることのないようお願いいたします。

引き続き感染拡大の防止と早期収束に向けた取り組みにご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。

 

令和2年4月27日 取手市長 藤井 信吾

令和2年4月15日

新型コロナウイルス感染症 早期収束への重ねてのお願い

新型コロナウイルスについては、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県を含む7都府県に緊急事態宣言が発令されてから昨日で1週間を迎えました。人と人との接触機会を極力減らすことで爆発的な感染拡大を防ぎ、医療崩壊を防ぎ、これ以上の犠牲者を出さぬための国を挙げての要請であり、ご不便とご辛抱をおかけして申し訳ありません。ご協力をいただいている取手市民の皆様に心より感謝申し上げます。また、医師、看護師をはじめとする医療従事者の皆様の昼夜を分かたぬご献身に衷心よりの敬意と感謝を表します。

さて、ここ数日の間に、「新型コロナウイルス」対策は、単体の対策で済むものではなく、「複合リスク」として、捉え、備えなければならないという思いを強くする出来事が相次いで発生しました。

まず、4月12日午前0時48分に茨城県南部を震源とする震度4の地震が発生しました。寝付いたところを直撃され慌てて起きられたかたも多かったと思います。昨日4月14日は熊本地震前震から4年という節目の日でもありました。新型コロナウイルスとの闘いの最中だからと地震が遠慮するわけではないことを自覚しておく必要があります。

次に、このところの異常気象によって、集中豪雨や暴風に襲われる期間が非常に長くなってきているということです。4月13日には、低気圧の通過により、暴風が吹き荒れ、取手市にも、強風大雨雷霜注意報が発令され、かなりの地域で停電が発生いたしました。

水戸市や日立市では屋根が風で全て飛んでしまうなどの大きな被害が出ています。

5月の連休を超えますと、出水期と言われますように集中豪雨のリスクが著しく増大してまいります。昨年の9月以降の2度の台風とその後の低気圧によって、茨城県も甚大な被害が出たことは記憶に新しいところです。

大雨によって、土砂災害や家屋の浸水が予想される場合、行政は市民の皆様の生命を守るため、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」といったお知らせ、お願いをするわけですが、身を守るための行動は、「逃げる」ということですので、新型コロナウイルス罹患を防止するためのキーワードとなっている、「ステイホーム(家に留まれ)」とは、全く反対のメッセージを発出することになるわけです。

昨日、4月14日に米国南部の複数の州において、40を超える竜巻が発生し、家屋が吹き飛ぶ大きな被害が発生した映像を昨晩のニュースで見ました。避難所となっている体育館において、ソーシャルディスタンス(人との距離)を確保する、飛沫や接触による新型コロナウイルス感染リスクをどう軽減し回避できるか、本当に心配だという解説がなされていました。

ゴールデンウィークが終わると水が暴れる時期が必ず到来します。平穏な日常を脅かす魔物である新型コロナウイルス感染症のこれ以上の拡大を、何とかその前に食い止めなければなりません。重ねてのご協力を切にお願い申し上げます。

 

令和2年4月15日 取手市長 藤井 信吾

令和2年4月9日

4月8日、茨城県知事より、取手市を含む10市町に対し、先になされていた外出自粛要請期間の延長など、追加の要請がありました。

これまで取手市では、何よりも市民の皆様の安全と安心を考え、先の知事からの要請についてもお伝えしています。

今回の追加要請では、4月10日まで、とされていた外出自粛期間を、5月6日まで延長するほか、可能な限りで在宅勤務や帰省の自粛などを求めるものです。

「緊急事態宣言」における会見では、人と人との接触機会を8割減らすことで、感染拡大をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる、と首相が発言されました。

人と人との接触を防ぐためには、不要不急の外出の自粛がなにより重要となります。

緊急事態宣言が発令されたことから、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策は、さらに新たな段階へ移行しています。

長期間にわたるお願いではありますが、国や県、そして市からの自粛要請を引き続きご理解いただき、ご協力くださるようお願いいたします。

 

令和2年4月9日 取手市長 藤井 信吾

令和2年4月7日

4月7日、国より新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出されました。同法に基づく宣言はこれまでに出されたことはなく、今回の新型コロナウイルス感染症の脅威がいかに大きなものかを思わずにはいられません。

対象地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県となります。この地域では、知事より不要不急の外出の自粛要請や、施設の使用、イベント開催の制限や停止を要請・指示することができるようになります。

これらの要請や指示の大半に強制力はありませんが、これまで以上に重大な局面であることをご理解いただければと思います。

茨城県は対象地域とはなっておりませんが、取手市は隣接する千葉県や東京都など、東京都市圏への移動が多く、対象地域と同様の行動や対応が必要と考えます。

また、市では、これまでの市民のみなさまへのお願いに加え、市内保育施設利用の自粛をお願いすることといたしました。自粛につきましては強制ではなく、家庭保育が可能な日がある場合に、ご対応をお願いするものです。市内で感染者の確認が相次ぐ中、保護者のみなさまの不安の高まりにお応えし、さらなる感染拡大防止を図る観点からのお願いです。

収束の目途がつかない中、外出自粛要請をはじめとするみなさまへのお願いが長引く様相です。首相は「緊急事態宣言により、都市封鎖(ロックダウン)を行うことはしない」と説明しています。不要不急の外出は引き続き避けていただき、今後も感染拡大防止と早期収束に向けた取り組みへのご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年4月7日 取手市長 藤井 信吾

令和2年4月3日

4月2日の茨城県知事による外出自粛要請を受け、取手市としても市民の皆様の安全を考え、不要不急の外出については自粛していただくよう、お願いをしているところです。

取手市においては、現段階では感染経路が不明である市中感染者は確認されておりませんが、いつオーバーシュート(感染者の爆発的急増)が発生してもおかしくない、予断を許さない状況が続いております。

そのような状況の中で、新学期の学校再開についても、感染拡大の防止と、子どもたちを新型コロナウイルスから守ることを最優先とし、4月8日から5月6日の大型連休明けまで臨時休業とすることが、本日開かれた取手市新型コロナウイルス感染症対策本部で決定いたしました。4月6日は在校生、7日は新入生(小学生は保護者1名付き添い)のみで、新学期を開始する為に登校日を設けますが、このような外出自粛要請が出されている中でも、子どもたちが安心して登校できるよう、感染拡大防止のための対策を徹底いたしますので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

先月から引き続いての休校措置の延長は、子どもたちや保護者の皆様にとって多大な負担をかける措置である為、苦渋の決断ではありますが、取手市が、感染拡大が続く都心部と同じ状況となることを防ぐためにも、引き続き皆様のご理解とご協力をお願いします。取手市としても、臨時休業期間中の学年別登校や、各校ホームページから配信される教材を用いた課題への取組など、子どもたちの学習機会を補完すべく、できうる限りの措置を検討してまいります。また、小学校の新1年生から新3年生で、昼間に児童の見守りができない家庭を対象とした、子どもクラブも、ウイルス感染拡大の防止に最大限配慮しながら、開所します。

刻一刻と情勢が変化する中で、引き続き県や関係機関との連携を密にして正確な状況把握に努め、市民の皆様に発信するとともに、今後も適切なタイミングで必要な措置をとってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年4月3日 取手市長 藤井 信吾

令和2年4月2日

本日、茨城県知事から、県内において、取手市等感染者が発生している県南ならびに鹿行地域9市町において、4月4日・5日の週末終日と平日夜間(4月10日まで)の不要不急の外出を自粛していただきたいとの要請がございました。

取手市内におきましても、JAとりで総合医療センターにおいて院内感染が発生しております。98人に検査を実施し、10人の陽性反応が出ておりますが、濃厚接触者を含め、関係者の特定はできているとのことでした。

市民の皆さまご存じのとおり、当市は茨城県南の東京の玄関口にあり、都内への通勤・通学等の移動が多いという地域特性がございます。

県知事からは、首都圏からの感染が最も脅威であるとの認識がございましたが、私としても、こうした当市の地域特性から同様に考えております。

市民の皆さまにはご不便をおかけすることとなりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご理解とご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします。

 

令和2年4月2日 取手市長 藤井 信吾

 

JAとりで総合医療センターホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

令和2年3月31日

3月30日に、市内医療機関である「JAとりで総合医療センター」で新たに入院患者3名が新型コロナウイルスに感染していると茨城県が発表しました。これで同センターにおける新型コロナウイルス感染症患者は合わせて6名になり、このうち1名は、取手市在住の80代女性で、最近の海外渡航歴はないとのことです。

初めて市民の感染者が発生した事態を受けまして、市では、より一層、関係機関と連携し、感染拡大の防止に全力を挙げて取り組み、また、迅速な情報提供を実施してまいります。

市民のみなさまにおかれましては、これまでも感染拡大防止のためのご協力をいただいているところですが、より一層の感染拡大防止と早期収束に向けてのご理解とご協力をお願いいたします。また、不確かな情報に惑わされることなく、落ち着いた行動を重ねてお願いいたします。

 

令和2年3月31日 取手市長 藤井 信吾

 

茨城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

JAとりで総合医療センターホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

令和2年3月28日

3月27日に、市内医療機関である「JAとりで総合医療センター」において、院内感染の疑いを含む複数の新型コロナウイルス感染者が確認されました。

市では同日から情報収集を行ったうえで、本日3月28日に、市と関係機関において状況の確認と今後の対応を協議しました。JAとりで総合医療センターでは、接触者や関係者へのPCR検査を実施するとともに、27日夜より外来・救急患者の受け入れを停止したうえで、安全の確保に全力を尽くしているとのことです。

先に東京都と首都圏の知事らにより外出自粛要請がされる中、今後数週間が感染のオーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重要な時期となります。スポーツ選手や著名人にも感染者が発生し、全国で感染者数が増加する中、市内での感染者の発生により、市としても新たな局面に入ったと認識しています。

市民のみなさまにおかれましては、これまでにも不要不急の外出を控えるなどの行動をされていることと思います。市では今後も引き続き迅速な情報提供を実施してまいります。市民のみなさまには、不確かな情報に惑わされることなく、引き続き感染拡大防止と早期収束に向けてのご理解とご協力をお願いいたします。

 

令和2年3月28日 取手市長 藤井 信吾

 

茨城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症対策本部発表資料」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

JAとりで総合医療センターホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

令和2年3月26日

3月17日に茨城県において初の新型コロナウイルス感染者が確認されて以降、県内でも複数人の感染が確認されています。取手市においては、3月25日現在、感染者は確認されておりませんが、県南地区でも複数の発生が確認されていることから、いつ市内で発生してもおかしくない状況にあります。また全国的に感染経路が不明な陽性患者が増え、無症状感染者を媒介した感染拡大も懸念されています。そのような状況の中で、市民の皆様には引き続き、クラスター(集団感染)のリスクのある「換気が悪い」「多数が集まる密集状態」「間近で会話や発声をする場所」を避けていただくと共に、咳エチケットや手洗い等の徹底による予防にご理解とご協力をお願いいたします。また、感染の拡大が続き、大きな不安を抱えていることと思いますが、国や県、市が発信する公式な情報に基づいた、冷静な行動を心がけていただくようお願いします。

このような情勢の中、東京オリンピック・パラリンピックの開催延期が決定され、開催地である東京都では知事がロックダウン(都市封鎖)に言及するなど、混乱が続いております。世界に目を向けると、スペインでの死者数が中国を上回り、ニューヨークやパリ、イギリス全土でも外出禁止令が出されるなど、欧米でのオーバーシュート(爆発的患者急増)が進んでいます。WHO(世界保健機構)の発表によると、感染が確認された国と地域は199となり、感染者数も40万人を超えるなど、未だに収束の兆しが見えない状況です。世界的な感染拡大による、グローバル企業の活動低下や株価下落などによる経済への深刻なダメージの発生が想定され、我々の生活にも影響が及ぶことが懸念されます。感染拡大の防止に向けて、引き続き緊張感を持って対応を進めるとともに、子どもたちの居場所づくりや、市民の暮らし、経済活動など日常生活を維持していく努力も続けてまいります。

取手市においても、先日の文部科学省が公表した新学期からの学校再開に向けたガイドラインをもとに、4月からの学校再開に向けて調整を進めているところです。新学期以降も、引き続き子どもたちの安全、安心を最優先に考えながら、十分な警戒を続けてまいります。

なお、3月25日には東京都知事が緊急記者会見を実施し、都民に対して、今週末の不要不急の外出を控えるよう呼びかけを行いました。また、近隣の県も、都内への移動を避けるよう県民への要請を行う方向で調整を進めているとのことです。茨城県においても、3月25日の知事定例記者会見で、都市部への移動を避けるとともに、テレワークによる在宅勤務や、フレックスタイムによる時差出勤等の協力を呼びかけています。

このような状況の中で、取手市民の皆様におかれましても、都市部など感染が拡大している地域への移動については慎重に判断していただき、不要不急の外出を極力控えていただきますよう、感染拡大防止と早期収束に向けた取組へのご理解ご協力をお願いいたします。

 

令和2年3月26日 取手市長 藤井 信吾

令和2年2月28日

現在、全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
2月24日に国の専門家会議より「これから1、2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」との見解が示され、同26日には、安倍首相から2週間のスポーツ・文化イベントの中止等の対応を要請するメッセージが発せられました。市ではこれまで「取手市感染症予防対策委員会」において、対応を検討し、市主催のイベントの中止などの判断をしてまいりました。
そういったなか、2月27日、首相から全国全ての小中学校、高等学校、特別支援学校について臨時休校が要請されるなど、感染拡大の防止は新たな局面に入りました。
この事態を受けて、市が一丸となって感染の拡大を防ぐべく、本日2月28日、「取手市新型コロナウイルス感染症対策本部」を立ち上げました。市民の皆様には引き続きご理解ご協力をいただきますようお願いいたします。非常事態にあたり、市民の皆様の健康を守るために、今後も国や県の動向を注視し、関係機関と連携を取りながら適切な対応をとってまいります。

 

令和2年2月28日 取手市長 藤井 信吾

 

【市長コラム】2020年3月15日 新型コロナウイルス感染症感染拡大を受けて

新型コロナウイルス感染症

厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

茨城県ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱