現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > ようこそ市長室へ > ワクチン接種に関連した不当な差別に対する市長メッセージ

印刷する

更新日:2021年8月30日

ここから本文です。

ワクチン接種に関連した不当な差別に対する市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症につきましては、市民のみなさまにこれまで感染防止のための各種取組みを実践していただいていることに、御礼申し上げます。

8月20日から9月12日までの期間で、国の「緊急事態宣言」が発令されました。市民のみなさまにおかれましては、未だに終息の目途がたたず、長期間にわたり不安な日々をお過ごしのことと思います。

当市では、4月19日より65歳以上のかたから年齢毎に順次新型コロナウイルスのワクチン接種予約を開始し、接種対象者を順次拡大しながら接種を進めてまいりました。多くのかたが接種を受け、現在、市の人口の半数を超える方々が1回目の接種を終えています。

しかし、新型コロナウイルスのワクチン接種は強制ではなく、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意思に基づき受けていただくものです。接種を望まないかたに接種を強制するものではありません。また、体質や持病等の理由で、接種したくても受けられないかたもいらっしゃるかと思います。

ワクチン接種に関して、職場や周りのかたなどに接種を強制したり、接種を受けていない人に対する誹謗中傷、偏見や差別につながる行為は絶対に行わないようにお願いします。

また、新型コロナウイルス感染症に感染した方々やそのご家族、医療従事者の方々やそのご家族に対して不当な差別、偏見、いじめ、誹謗中傷は許されません。

新型コロナウイルス感染症に対して不安に思う気持ちは誰にでもあります。不安から生まれる人を傷つけるような言動や行動は慎み、相手の気持ちに寄り添った思いやりある行動をお願いします。

本市といたしましても、国や県、関係機関と協調しながら引き続き感染拡大防止の取組を進めてまいります。8月18日以降、一部の市の施設を閉鎖や利用制限しご不便をおかけしておりますが、市民のみなさまにおかれましても、ご自身やご家族、ご友人を新型コロナウイルスから守るため、引き続きマスクの着用や手洗いうがいの徹底、外出を控えるなど、感染症防止の対策徹底にご協力いただきますようお願いいたします。

令和3年9月1日 取手市長 藤井 信吾

お問い合わせ

秘書課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱