現在位置 ホーム > くらしの情報 > 住まい・交通 > 道路・交通 > 道路・市道 > 双葉地区でゾーン30の安全施設工事が完成しました

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月21日

双葉地区でゾーン30の安全施設工事が完成しました

ゾーン30とは、生活道路に対する歩行者の保護及び通過交通対策を目的として、区域(ゾーン)を指定し警察による速度規制と、道路管理者による安全対策を併せて行うものです。

双葉地区の中央通りについては、平成27年10月から老朽化した側溝の改修と併せて整備を行っており、平成29年10月に完成しました。

双葉着工前写真着工前

双葉着工後写真。車道と歩道が明確に分離されカラー舗装が施されている。着工後

歩行者通路と車道を明確に分離、カラー舗装を施し安全性の向上を図りました。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

道路建設課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-2682

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。