現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > ゆめあかり×国際交流×祈りと感謝のコンサート×ほどよく絶妙(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年3月12日

ゆめあかり×国際交流×祈りと感謝のコンサート×ほどよく絶妙(アロノフ)

3月10日に藤代庁舎前の水と緑と祭りの広場でゆめまっぷの会主催のゆめあかり3.11が開催されました。ゆめあかり3.11は今年で7回目となる大きなイベントであり、東日本大震災の犠牲者の追悼と東日本大震災の復興支援を目的とするものです。イベント当日には、市内外から寄せられたメッセージの書かれた紙袋の中にロウソクが添えられて火が灯ります。

ゆめあかり3.11 (yume-akari)(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

今年も例年どおり、ステージ演出の皆様の合唱・演奏と、祈りと温かい優しさが込められた手製キャンドルの光が創り出す会場の幻想的な雰囲気の中、紙袋メッセージを作成した小学生、そのお父さん・お母さん、そしてそのおじいちゃん、おばあちゃんの親子3世代でお越しになった皆さんや、報道機関の方々などの多くの皆様お集まりのもと、イベントはとても賑(にぎ)わっていました。会場では、多くのボランティアの皆様やゆめあかり3.11を見に来られた市民の皆様がキャンドルの点灯をはじめとした準備や消灯後の片づけなどを協力して行っていました。その様子を拝見して、このイベントは取手市民が協力しあって作り上げられている素晴らしいものという印象をあらためて受けました。

ろうそくの光が会場中にある様子ステージでの演出と11,000個もの手製キャンドルの火が織りなす雰囲気がほどよく絶妙でした

ゆめあかり3.11×国際交流(姉妹都市ユーバ市・取手市国際交流協会)

ゆめあかり3.11の開催にあたり、ゆめまっぷの会の皆様はイベントが毎年同じものにならないように工夫を凝らされています。今回のその工夫のひとつが海外からのメッセージ募集です。
このお話に便乗しない手はないと、姉妹都市ユーバ市の皆さんが2月に来市された際にユーバの皆さんゆめあかり3.11の趣旨をお話ししたところ、メッセージ作成に快くご協力いただくことができました。ユーバのかたからは、取手市で行われるイベントの一端を担えて嬉しい、取手市での良い思い出のひとつとなったなどのお声をいただきました。

ユーバ市訪問団の皆様からゆめあかり3.11へのメッセージをいただきました(アロノフ)

さらに、取手市国際交流協会の皆さんも紙袋作成に例年どおり協力されていました。今年は取手市国際交流協会日本語教室学習者による31作品が、ユーバ市をはじめとした海外からの作品とともにイベント会場中央を飾っていました。

キャンドルが円形に飾られている様子海外から寄せられたメッセージ

英語のメッセージの書かれた紙袋ユーバ市からのメッセージのひとつ

イラストの描かれた紙袋取手市国際交流協会からのメッセージの一部

イラストの描かれた紙袋先日行われた外国人による日本語スピーチコンテストで第4位をとられたレーさんによる作品

外国人による日本語スピーチコンテスト(アロノフ)

手製キャンドルは近くで見ると、紙袋に書かれたイラストの色がキャンドルの光に照らされて彩り豊かに見え、遠くから見る様子とは違って見えました。

このような一大イベントを企画・実行されるためには、長い期間にわたるご心労・ご労苦が絶えなかったかと思います。ゆめまっぷの会の皆様、開催に携われたボランティアの皆様、本当にお疲れさまでした。

ゆめあかり3.11×祈りと感謝のコンサート2018

先に述べたとおり、ゆめあかり3.11は東日本大震災の犠牲者を追悼と東日本大震災の復興支援を目的とするものです。このイベントには東日本大震災で被災した東北にゆかりのある皆様も参加されています。東北を繋ぐ架け橋プロジェクトひだまり代表の鈴木ミチさんもそのうちのおひとりです。

会場でお会いした鈴木さんから、東北を繋ぐ架け橋プロジェクトひだまりが主催する「祈りと感謝のコンサート2018」が3月18日(日曜日)の午後1時から取手ウェルネスプラザにて開催するとお聞きしました。このページをご覧になった皆様は、東北応援のためと、取手市在住の皆様と東北の皆様同士の絆を深めていただくため、取手ウェルネスプラザに足をお運びいただければ幸いです。

赤べこ3匹と祈りと感謝のコンサートチラシゆめあかり3.11で赤ベコを購入し、東北応援のための赤ベコサポーターになりました

ゆめあかり3.11×ほどよく絶妙 とりで

皆さんは取手市のブランドメッセージ「ほどよく絶妙 とりで」をご存知でしょうか。

取手市ブランドメッセージ「ほどよく絶妙 とりで」が決まりました

このメッセージは「取手はちょうどいい街・ほどよい街」というイメージを市内の人にも受け入れてもらいやすく、市外の人にも訴求しやすい、取手市の魅力を伝える言葉として策定されました。

また、このブランドメッセージにはロゴマークがあります。

ほどよく絶妙 とりでのロゴマーク


このロゴマークは簡単な手続きをしていただければどなたでも活用可能です。ゆめあかり3.11では、ロゴマークをイベント告知のチラシやペットボトルキャンドルにお使いになられていました。さらにゆめあかり3.11の総合司会をされていた小村悦子さんはロゴマークをオリジナルバッヂにアレンジしてお使いになられていました。(小村さんは取手でおこなわれる数多くの事業で司会をしてくださっているフリーアナウンサーで、祈りと感謝のコンサート2018でも総合司会をされるご予定です。)

取手の魅力を対外的に伝えるとともに、取手市の魅力を見つめ直し再発見するために、合言葉「ほどよく絶妙 とりで」の書かれたロゴマークを積極的にご利用ください。

「ほどよく絶妙 とりで」ロゴマークをご活用ください

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱