現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > ユーバ市へ送る記念品作成にシルバー人材センターのお力を借りました(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年11月8日

ユーバ市へ送る記念品作成にシルバー人材センターのお力を借りました(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。10月中旬に入り、今年もユーバ市派遣団派遣の日が近づいてまいりました。今年は、令和元年10月29日(火曜日)から11月6日(水曜日)の7泊9日の日程で、市長を団長、取手市議会副議長を副団長として、中高生20名・一般参加者1名・事務局5名から成る派遣団を派遣します。出発日の令和元年10月29日(火曜日)には、午後1時から取手勤労青少年体育センター(取手市役所敷地内)にて「ユーバ市派遣団出発結団式」を開催しますので、ユーバ市派遣団を見送るため、皆様是非会場まで足をお運びください。

ユーバ市派遣英会話研修会を開催(アロノフ)

今年度で、ユーバ市と取手市は姉妹都市締結30周年を迎えます。30周年にあたり、ユーバ市現地でお渡しする記念品を作成しました。記念品は、ユーバ市姉妹都市協会会員やユーバ市のホストファミリーをはじめ、今までユーバ市で姉妹都市交流に携わった方々にお渡しする予定です。

「姉妹都市30周年記念」と書かれた通信うちわとユーバ市旗
姉妹都市締結30周年記念と書かれた通信うちわ
姉妹都市締結30周年を記念して作成した通信うちわ。表面には日本的な絵柄、裏面には「ユーバ市 取手市 手をつなごう 姉妹都市締結30周年記念」という文字が書かれています。裏面に書かれた味のある文字は、取手市シルバー人材センターに筆耕の依頼をしました。

取手市シルバー人材センター

取手市シルバー人材センターは、60歳以上の取手市にお住いの健康で意欲のあるかたを対象に、働く場の提供をおこなっており、豊富な知識と経験をもつ会員のかたが賞状の筆耕や草刈り、受付事務などの多岐にわたる様々な仕事を受注されています。興味のあるかたは下記の取手市シルバー人材センターのホームページをご覧ください。

「取手市シルバー人材センター」のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

とりで生涯現役ネット

取手市は「とりで生涯現役ネット(取手市生涯現役促進連携事業促進協議会)」を設立し、主に55歳以上のかたを対象に、知識や経験を生かした様々な地域参加を支援しています。厚生労働省の「生涯現役促進地域連携事業」としては茨城県初と取り組みです。

具体的には、りぼんとりでビル5階に総合相談コンシェルジュを設けたほか、地域の皆さんの就業や起業、ボランティアによる地域参加を応援するものです。地域のために「何かを始めたい」「知識や経験を生かしたい」というかたは是非「とりで生涯現役ネット」をご利用ください。「とりで生涯現役ネット」については下記のリンクからご確認いただけます。

シニアの就業・起業・地域参加サポートの場「とりで生涯現役ネット」開設

 

広告エリア

広告募集要綱