現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > ユーバ市民訪問団を受け入れるホストファミリーの募集(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年11月14日

ユーバ市民訪問団を受け入れるホストファミリーの募集(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。市ホームページと月・木・sayのささやきにてお知らせしていましたが、令和元年10月29日(火曜日)から11月6日(水曜日)までの期間、取手市の姉妹都市であるアメリカ合衆国カリフォルニア州ユーバ市へ、中高生を中心としたユーバ市派遣団を派遣していました。

「令和元年度ユーバ市派遣団派遣事業」のページ

派遣団員は、ホストファミリーの家にホームステイしながら、学校体験や市内外の施設の見学・視察を通してアメリカの文化や習慣を学びました。特に学生団員にとっては、実際にアメリカに行って現地の方々と交流する貴重な体験ができ、とても実りのあるものであったと思います。

さて、取手市ではユーバ市派遣団派遣事業の他にユーバ市からの市民訪問団を受け入れる「ユーバ市民訪問団受入事業」を実施しており、毎年ユーバ市の皆様を受け入れてくださるホストファミリーの募集をしています。今年度の受入期間は令和2年2月10日(月曜日)から2月17日(月曜日)までの予定で、広報とりで12月1日号に募集の詳細が掲載される予定です。アメリカの方々と直接話して交流したいなど気になるかたは、是非ホストファミリーにご応募ください。姉妹都市ユーバ市との交流については下記のページからご覧になれます。

「ユーバ市(アメリカ合衆国)」のページ

ユーバ市旗。大きな山を背景に桃やプルーンなどの果物、建物がある。
ユーバ市旗

取手市ホストファミリー登録制度

ホストファミリーについては、ユーバ市民の皆さんが来市する都度募集を行っていましたが、今年度からは事前にホストファミリーに登録いただける制度の運用を始めました。この機会に是非ご登録ください。ホストファミリーの登録制度については、下記のページをご覧ください。

「取手市ホストファミリー登録制度」のページ

写真による交流事業 作品展示

今年も「ユーバ市・桂林市の学生との写真による交流事業」の作品展示を行います。今年の展示期間は、令和元年12月11日(水曜日)から12月24日(火曜日)の期間です。今年の提出作品は、取手市の作品で言えば、市内市立中学校の学生だけでなく、市内県立高等学校・市内私立中学校の学生も事業に参加しています。取手市・ユーバ市・桂林市の3市の学生による力作を皆さんにご覧いただきたく、是非会場まで足をお運びください。展示の詳細については、下記のページからご覧いただけます。

「ユーバ市・桂林市の学生との写真による交流事業の作品を展示します」のページ

 

 

広告エリア

広告募集要綱