現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > アートのまち取手とユーバ市のコラボ(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年1月24日

アートのまち取手とユーバ市のコラボ(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。前回の月・木・SAYでは、取手駅前の駅ビルボックスヒル内にオープンした「たいけん美じゅつ場(VIVA)」についてささやきました。

生活に彩りと潤いを 取手市文化連盟による取手駅での展示(アロノフ)

実は現在、このVIVA内にあるとりでアートギャラリーにて秘書課主催の展示を行っています。

ユーバ市との美術作品交流展を開催します

展示しているものは、令和2年2月に来市するユーバ市民訪問団に寄贈する美術品です。美術品は、著名な郷土作家の先生方(取手美術作家展所属の田中 良(たなか りょう)先生、松田 朝旭(まつだ あさあき)先生、松本 掃玉(まつもと そうぎょく)先生の3名)に制作いただきました。この作品交流は、近年ユーバ市から地域で著名な芸術家のかたが制作した作品をご寄贈いただくため、それを受けて地元の郷土作家所属団体の取手美術作家展に寄贈作品を制作いただき、実現したものです。

作品は寄贈後には見ることができない幻のものとなりますので、是非会場まで足をお運びいただき期間限定の作品展をお楽しみください。

壁につるされた絵画。片方の壁にはユーバ市から寄贈された絵画3点、もう片方の壁にはユーバ市へ寄贈する美術品4点がかけられている。取手市から寄贈する作品4点。左から、書2点、油絵1点、洋画1点。
ユーバ市から寄贈された作品4点。左から溶解ガラスアート、写真、絵画。
展示の様子。作品は、令和2年1月21日(火曜日)から1月26日(日曜日)まで(市展「日本画・洋画・彫刻の部」と同時開催)と、1月30日(木曜日)から2月7日(金曜日)まで(「取手市立小中学校児童生徒作品展」)の2回に分けて展示されます。

第50回取手市民美術展(市展)が同時開催

ユーバ市に寄贈する美術品は、現在開催中の第50回取手市民美術展(市展)の展示作品とともに展示されています。現在、市展の「日本画・洋画・彫刻の部」が開催中です。

壁とパネルにつるされた絵画。絵画は横並びにされている。
床に置かれた彫刻作品と壁にかけられた美術品
市展の様子。市展の「日本画・洋画・彫刻の部」は、令和2年1月26日(日曜日)までの開催です。市展の「書・写真・工芸・デザインの部」は、令和2年2月20日(木曜日)から3月1日(日曜日)までの期間に開催されます。

とりでスクール・アートフェスティバル2020

市内の県立高校が組織する実行委員会主催の「とりでスクールアートフェスティバル2020」の作品展示が取手ウェルネスプラザで開催されています。是非会場まで足をお運びいただき、児童生徒の力作をご鑑賞ください。

中央に設置されたパンフレットと壁とパネルにかけられた絵画
壁にかかった絵画と書の作品
壁にかけられた絵画と展示用のパネル
市内の県立高校・私立小学校、中学校、高校の児童生徒の作品。令和2年1月25日(土曜日)までの開催です。

 

広告エリア

広告募集要綱