現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 市民同士の行き来を伴わないユーバ市との交流(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月27日

市民同士の行き来を伴わないユーバ市との交流(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。来週の6月15日(月曜日)は、広報とりで6月15日の発行日です。

例年ですと、この広報紙で姉妹都市アメリカ合衆国カリフォルニア州ユーバ市に派遣する学生団員の募集を行うところですが、今年度のユーバ市派遣は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたので、募集を行いません。今年度の派遣への参加を心待ちにしていた学生の皆さんを思うと大変残念でなりません。

ユーバ市とは、主に取手市からの派遣団派遣とユーバ市からの訪問団受入を通して、市民交流を行っています。ユーバ市についてと昨年度のユーバ市派遣の様子は、下記のページからご覧になれます。

ユーバ市(アメリカ合衆国)

令和元年度ユーバ市派遣団派遣事業

オレンジ色のかぼちゃを持つユーバ市のホストファミリーと取手市の学生
ユーバ市派遣時のホストファミリーとの交流の様子

さらに、例年の2月中旬に行うユーバ市民訪問団受入と写真による交流事業もあわせて中止となりました。昨年度のユーバ市民訪問団受入の様子と写真による交流事業については、下記のページでご確認いただけます。

令和元年度ユーバ市民訪問団受入事業

習字の練習をするユーバ市の学生と取手市の学生
ユーバ市民訪問団の学校体験の様子

ユーバ市・桂林市との写真交流作品展(市内中学校)

ユーバ市・桂林市との写真交流作品展(取手駅・藤代駅市民ギャラリー)

ユーバ市・桂林市との写真交流作品展(藤代庁舎・取手駅市民ギャラリー)

パネルに貼られた学生の作品と床に置かれたユーバ市・桂林市からの記念品
写真による交流事業の作品展の様子

昨年度には、ユーバ市と取手市は姉妹都市締結30周年を迎え、さらに交流が深まることが期待されていた中での今年度の派遣・受入事業の中止は、悔やまれるところです。

こういった状況の中、今年度のユーバ市との交流については、市民代表団の交換による交流ではなく、お互いの市を行き来しなくてもできる交流を企画しています。市民の皆さんに交流内容をお知らせできる段階になりましたら、市のホームページや広報紙にてお知らせいたします。

取手市ホストファミリー登録制度

取手市は、ユーバ市民のホームステイ受入を希望する市民のかたに、ホストファミリーとしてあらかじめ登録をしていただき、ユーバ市のかたがホームステイの利用を希望した場合に、この登録家庭を紹介する制度「取手市ホストファミリー登録制度」の運用しています。来年度以降にユーバ市民訪問団の受入が再開した際のため、ユーバ市民の受入による交流にご興味があるかたは、是非ホストファミリーにご登録ください。

取手市ホストファミリー登録制度

ユーバ市旗の写真。山と畑を背景に、特産物の果物と有名な建物のイラストがある。
ユーバ市旗

 

広告エリア

広告募集要綱