現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 災害への備えはありますか?(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月27日

災害への備えはありますか?(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。梅雨の時期に入り、雨の日が続くようになりました。皆さんは梅雨と言えば何を思い浮かべますか?アジサイ、かたつむり、傘などの他、雨にまつわることを想像するかたが多くいるかと思います。

雨は恵みの雨となることもあれば、台風による大雨・風、河川の増水、土砂崩れなどによる災害をもたらすこともあります。昨年は記録的な大雨や日本列島に接近・上陸した複数の台風によって全国各地に甚大な被害がもたらされました。「天災は忘れたことにやってくる」という戒めの言葉があります。災害はいつどこで私たちの生活にふりかかるか分からず、時期・場所の予測が難しいものです。対策としては、普段から災害を意識して万一の時に備えて準備をしておかなければ、もしもの時にその場での対応に困ることになります。

それでは災害に対してどのような備えができるのでしょうか?自宅周辺にひそむリスクを把握することや被災時にどのように情報を集めるかを知るなど様々な備えがあります。実は2020年6月1日に発行された広報とりで6月1日号にて災害への備えについての特集が組まれています。気になるかたは、下記の関連ページと併せて是非チェックしてください。

「広報とりで」(2020年6月1日号)

災害に備える

(各月ごと)防災ラジオ申込受付

コロナ禍における避難所の在り方(どうもちゃん)

災害には地震によって引き起こされる災害もあります。取手市は災害への備えの情報がつまった「取手市防災マップ」を配布しています。気になるかたは、安全安心対策課にお問合せください。

取手市防災マップのファイルとその中身

 

広告エリア

広告募集要綱