現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 桂林市寄贈の美術品を展示中(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年9月7日

桂林市寄贈の美術品を展示中(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。以前お話しした、取手市の姉妹都市ユーバ市・特別友好都市桂林市に贈るつるし飾りの作成について、取手市商工会女性部の皆さんに事業へご協力いただけることになり、話し合いを進めているところです。

無病息災等を願うつるし飾りでコロナを撃退(アロノフ)

友好交流のつるし飾り作成 まもなく参加申込の締切(アロノフ)

つるし飾りには、ひとつひとつ意味があると言われています。実際に市民の皆さんにお作りいただくつるし飾りは、市の鳥であり、不苦労(苦労を免れる)、福朗・福籠(福を招く)などの願をかけたフクロウや両市との交流の継続を願う縁起の良いものの他、厄除けの意味をもつものを選ぶ予定です。

友好交流30周年記念 桂林市美術作品を展示中

上記でも話しています中国広西チワン族自治区桂林市と取手市は、今年の令和2年(2020年)で友好交流30周年を迎えます。この節目を記念し、現在、取手市役所本庁舎の階段付近で桂林市から寄贈された美術品の展示を行っています。せっかくの機会ですので、取手市役所にお立ち寄りの際は、ぜひご覧になってください。

友好交流30周年記念 桂林市美術作品展

黒と緑の色を基調とした桂林市の風景画。絵画の手前に階段の手すりが見える。
黒と赤の色を基調とした桂林市の風景画。
竹が描かれた桂林市の水彩画。絵画の手前に階段の手すりが見える。
書の作品。漢字が2文字書かれている。

桂林市の風景(写真)

桂林市は、絵画のような美しい自然や風景に恵まれているところです。昨年、私は市内の学生とともに初めて桂林市を訪問しましたが、まさに百聞は一見にしかずと思いました。皆さんにも写真でその世界をおすそ分けします。

取手市中高生訪中団派遣(令和元年度)

桂林市(中華人民共和国)

桂林市の漓江下り。タワーカルストに囲まれた雄大な川の中をクルーズ船が遊覧している。
黄色と白にライトアップされた双子の塔。
水辺にある街の風景。
七色にライトアップされた洞窟内。

 

広告エリア

広告募集要綱