現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 秘書課 > アロノフ > 今年の国勢調査は多言語情報が充実(アロノフ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年10月21日

今年の国勢調査は多言語情報が充実(アロノフ)

こんにちは、アロノフです。時が経つのは早く、今年度も半年が経とうとしています。まもなく来る10月も、引き続き日々勉強しながらいろいろなことに挑戦していこうと胸を膨らませています。

さて、今年は5年に1度の国勢調査の年です。国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯(令和2年10月1日現在)を対象とする、国の最も基本的で重要な統計調査です。

令和2年国勢調査にご協力をお願いします(ページ公開終了)

皆さんのご自宅にもすでに調査書類が届いており、今年が国勢調査の年だとご存知のかたが多いかと思います。調査回答の期限は、令和2年10月7日までですので、回答がお済でないかたはお気をつけください。

調査への回答については、郵送も可能ですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のためにも、インターネットでの回答にご協力ください。

今年の国勢調査を見ていると、日本語の不自由な外国出身者にやさしく作られているように思います。例えば、外国出身者が国勢調査の趣旨や記入方法を理解できるよう、英語、中国語、ベトナム語など全部で27言語の調査票の対訳が用意されています。

国勢調査2020がいこくごサポート(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)(ページ公開終了)

他にも、今回の調査は、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・ベトナム語の6言語でのインターネット回答が可能となっています。(インターネットで回答できない場合、調査員が「外国語連絡票」で、理解できる言語を確認し、「調査票対訳集」を配布し、紙の調査票で回答することになります。)

もしお近くで国勢調査の回答にお困りの外国出身者がいらしたら、この情報をお伝えください。

国勢調査のインターネット回答の案内

 

広告エリア

広告募集要綱