現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ビッグイーター > 夏の夕方(ビッグイーター)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年9月12日

夏の夕方(ビッグイーター)

こんにちは。ビッグイーターです。
最近、何となく、風の中に涼しさを感じることが増えてきましたね。

朝夕、子どもたちの通学する姿を見かけるようになり、「9月になったんだなぁ…」と実感する今日この頃です。さて、本日は遅ればせながら、8月の終わりに参加してきたイベントについてささやきたいと思います。

8月24日・25日 ソニックガーデン2018

今回のソニックガーデンは、強風が心配される中、時間を遅らせて無事に開催されました。楽しみにしている人も多いイベントなので、「大丈夫かな~…」と思いつつ出かけていったのですが、すでに多くの人がつめかけていました。よかった!

会場では、お店のかた、遊びに来ていたかた、ステージに参加したかたなど、いろいろなかたを取材させていただいて、写真の協力をしてもらいました。
そうして、お店のかたに声掛けをしているうちに、見慣れたロゴと、見慣れた文字を発見!

ならちゃんメンチ!

「ならちゃんメンチ」の看板に「ほどよく絶妙とりで」のロゴを発見。「あぁっ?!」と感激、思わずパチリ。

ならちゃんメンチの看板写真。左上側にほどよく絶妙とりでロゴマークが印刷され、その下に「取手発信奈良漬けならちゃん」の文字が見える
夏の屋台で輝く「ほどよく絶妙とりで」の七角星形が印刷されたならちゃんメンチの看板。

…ナラさんという方が作っているのかな?とも思ったのですが。なんと、カレー味のメンチかつの中に奈良漬が入っているとのこと。食べてみると、確かに中に奈良漬が入っていました。

ならちゃんメンチの紙袋の印刷が見えるようにメンチカツをカメラに向けている女性の手
これがならちゃんメンチ!揚げたてをいただきました

ならちゃんメンチの断面図を見せるように女性がメンチカツを手にしている。メンチカツの中央に奈良漬けの塊が見えている。
断面に茶色く見えているのが奈良漬けです。メンチカツとも相性抜群!

思ったよりも奈良漬が大ぶりで、メンチも非常にジューシー!!とてもおいしかったです。イベント等でみかけたら、また食べたいと思います。

星あかりin取手灯ろう流し

8月25日。午後に、以前もささやいた星明かりのボランティアに行ってきました。「ゆめあかり3.11」のときにはお手伝いしたこともあるのですが、実は星あかりのお手伝いは初めて。
あの広い河川敷に、どういう風に紙袋を並べていくのか、非常に興味がありました。

綺麗な星形は職人技の域! 

袋に砂をつめてキャンドルを置いて…までは「ゆめあかり」などのイベントと同じ工程で作業が進んでいました。

トラック荷台に積まれた砂を袋に詰めているスタッフたち。砂の上には広げた黄色の紙袋がおかれている。

ボランティアの方々が一生懸命に紙袋に砂を詰めています。この後、各袋にキャンドルを一つずつ入れる作業を行います。この写真では見えませんが、テントの左側の方には、砂を入れやすいように紙袋を広げてくださっているボランティアのかたもいらっしゃいます。

河川敷の芝の上に黄色と白の紙袋がおかれ、そばで青いシャツの女性が黄色いひもを手に、引っ張りながら立っている。

砂をつめてキャンドルを入れた紙袋をテントから河川敷に運び、まずはランダムにおいていきます。そのあと、現場にいるスタッフが土手上の方向を見ながら通話を開始!なんと、土手の上から見てみて、きちんと星形になっているかをスタッフが確認・連絡しつつ、細かく調整を行って星形をつくっていたのでした!星をかたどり、天の川ロードをつくったあとは、周りの星々(にあたる灯り)を散らす作業。スタッフの皆さん、ボランティアに駆け付けた皆さんが一緒に作業を行いました。

河川敷の芝の上に二重線の星の一角が黄色い紙袋で作られている。
星の周りを見るとわかりますが、まだ天の川ロードや周りの星々はできていません。

河川敷に星形に並べられた黄色い紙袋と赤と白の紙袋で彩られた通路、周りにここに置かれた紙袋を上から撮影した写真。

並べ終わったところがこちら!きちんと星ができているのが、感動ものです。 

さらにこのあと、一つ一つのキャンドルに灯りをともす作業があって、はじめてあの幻想的な風景が出来上がるのです。夕方以降、用事があったため、ともした後の風景を見ることはかなわなかったのが残念!(あとで、スタッフの撮った写真を見せてもらいました!)

河川敷に貼られたテントの下で笑顔で記念撮影するスタッフの集合写真
休憩中、ボランティアの皆さんに声をかけ、「ほどよく絶妙とりで」パネルを手に記念撮影をさせていただきました。暑かったけれど、楽しかったです。ありがとうございました!

夏の夕方

どちらのイベントも、夏の夕方。「夏の夕方」という言葉って、何となくワクワクした感じを呼び起こすと思いませんか?こういう感覚は子どものころの夏休みの名残かもしれません。
どちらの日も非常に暑かったのですが、私にとってはとても楽しい時間でした。あらためまして、写真にご協力くださった皆さま、ありがとうございました!

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱