現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 総務課 > どうもちゃん > さらの杜圏域地域支え合いづくり推進協議会リーダー会が開催されました(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年12月11日

さらの杜圏域地域支え合いづくり推進協議会リーダー会が開催されました(どうもちゃん)

取手市では、「地域支え合いづくり推進協議会」を軸とした協働の仕組みづくりを推進しています。

12月10日火曜日、さらの杜圏域の地域支え合いづくり推進協議会リーダー会が開催されました。
協議会内に組織されている地区推進組のリーダーから、各地区の活動進捗状況及び今後の課題について報告がありました。

さらの杜2

新取手

・誰もが安心に暮らせる支え合いによる地域づくりを目指して、今後の新取手の地域づくりの方向性を地域に浸透させていきます。そのためにまず、「日常生活における困りごとのアンケート」を実施し、現状を把握し、それを解決するために、誰が何を担うか、その仕組みづくりを地域の皆さんで検討していく予定です。
・民生委員さんが高齢者宅等を訪問する際に、困りごとのアンケートを実施してもらえるように協力を依頼することを検討しています。

永山

・70才以上のひとり暮らしのかたを訪問し、アンケートを実施しました。高齢者が何に困っているのか、何を必要としているのか、調査結果を精査し、自治会と連携し、活動を具体化させていきます。
・上高井地区、下高井地区にもこのアンケートを実施できるよう区長さんへの相談を進めていく予定です。

傾聴ボランティア

・戸頭町会が運営する「語らいの場」を、毎月第1・3木曜日13時30分から15時30分まで、戸頭町会東集会所で開催しています。不安や悩み事を話すことで、独りで悩んでいるより少し心が和むかもしれません。一人ひとりの話をじっくり聴かせていただく場です。どうぞ気兼ねなくいらしてください。
・話を聴いて欲しいかたは地域に多くいるはず。民生委員のかたに、高齢者宅等を訪問した際、必要性を感じるかたがいらっしゃった際には、こういった「語らいの場」があることを知らせて誘導してもらうようにしました。

地域支え合いづくり推進協議会では、地域資源や地域組織の活動状況等の情報を収集共有し、既存の組織の支え合いの仕組みを大切にしながら、居場所づくり、日常のちょっとした困りごとのお手伝い等、地域の皆さんが主体となる支え合いの仕組みづくりを支援していきます。

 

 

広告エリア

広告募集要綱