現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > どうもちゃん > 地域支え合いづくり推進協議会取手地区座談会が開催されました(どうもちゃん)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年2月13日

地域支え合いづくり推進協議会取手地区座談会が開催されました(どうもちゃん)

取手市では、「地域支え合いづくり推進協議会」を軸とした協働の仕組みづくりを推進しています。

2月12日水曜日、はあとぴあ圏域の地域支え合いづくり推進協議会が主催する取手地区(本町・仲町・片町・上町)の地域支え合い話し合いの場(おしゃべり場)が開催されました。
当日は、この地区の市政協力員さん、民生委員さん、地域回覧した開催チラシを見て来ていただいた地域住民の3人のかた、合わせて15人が参加してくださいました。

「あなたの地域で困っていることないですか」という声かけをし、〝困っていること”を自由に話し合う場としました。

取手地区座談会2

「ゴミ出しのマナーの悪さで困っている」という意見が出ました。指定日以外に出す!指定された袋以外でゴミを出す!マナーの悪さにほとほと困っているそうです。また、集積所の掃除は、決まった一人のかたが行っているそうです。

この問題を解決するために、他の参加者から自分たちのエリアのゴミ集積所を綺麗に保つために行っている内容について情報提供がありました。
・前日に出すことは認めず、当日の朝に出すことをルール化した。朝に音楽を流してゴミ出しの合図とする。
・集積所の掃除は、そこを利用する人で当番制で実施している。箒とちり取りを次の当番に順番に回している。
・曜日ごとに示されたゴミ分類看板を設置する。

相談されたかたは、これまで、利用する人同士でこういったルール作りのための話し合いの場を持っていなかったそうです。たった一人で集積所の掃除を担っていたそうです。
早速、集積所を利用するかたたちを集め、今後のルール作りについて話し合う場を設けることを決意してくださいました。
今回、話し合いの場を設けることで、ゴミ出しのマナーの問題以外にも、様々な問題を解決するきっかけやアイデアが生まれるかもしれません。
おしゃべり場に参加したことによって、他の地域の取り組み等、これまで知らなかった様々な情報を得ることができる、困りごとが解決する、おしゃべり場は、そういう場になることが期待されます。

地域で困っていること、してみたいこと、気軽に話してみませんか。
老若男女問わず、多くの皆さんどうぞお集まりください。知りたい情報が得られると思います。

次回の開催は、令和2年4月15日水曜日、13時30分から、商工会2階の会議室で開催します。

地域支え合いづくり推進協議会では、既存の組織の支え合いの仕組みを大切にしながら、地域の皆さんが主体となる支え合いの仕組みづくりを支援していきます。

 

 

広告エリア

広告募集要綱