現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市長・副市長・教育長 > 市長 藤井信吾 > 感染症対策ツールのすすめ 市長 藤井信吾

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年8月27日

感染症対策ツールのすすめ 市長 藤井信吾

感染症対策のため、皆さん日頃からマスク着用や手指消毒に取り組まれていることと存じますが、自治体が実施している対策ツールはご活用いただいておりますでしょうか。

茨城県がはじめた「いばらきアマビエちゃん」は、訪れた店舗やイベントにおいてメールアドレスを登録すると、陽性者と接触した可能性がある場合に通知が届くシステムです。
指定されたアドレスに空メールを送るだけで簡単に登録できますので、外出される際には積極的にご活用ください。

また、国が配布している接触確認アプリCOCOA(ココア)は、スマホにインストールしているだけでも対策につながります。
多くのかたがインストールすることでより効果を得ることができますので、まだお済みでないかたはこの機会にダウンロードしてみてください。
こちらのアプリは残念ながらガラケー/ガラホには対応しておりませんが、タブレットにはインストールすることができます。

首都圏内を往来するかたも多いと思いますので、それぞれ上手に活用して対策を強化していきましょう。

タブレットの画面を操作している様子

接触がなかった旨表示されたタブレットの画面

 

広告エリア

広告募集要綱