現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 市民協働課 > ふらぺちーの > 自分を守るための自治会活動(ふらぺちーの)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年3月12日

自分を守るための自治会活動(ふらぺちーの)

公園につくしが生えているのを見つけました、こんにちはふらぺちーのです。

 

今回は、災害を通して、皆さんに自治会・町内会、さらに自主防災会の必要性をお伝えしたいと思います。

先日、私の家に地域の自主防災会から防災訓練の案内が来ました。

自主防災会は自治会・町内会と協力して地域住民の安全のために活動している組織です。

集合時間と場所が指定され、そこまでの道のりは自分たちで避難経路を確認しながら来る流れとなっています。数年前に地域の地図が自治会員に配布されていて、そこに危険だと予想される個所や避難経路を書き込んで、自分だけの災害マップを作ることができます。

 

ここ数日のニュースの中で、迫りくる津波から難を逃れた人の話が取り上げられていました。

日頃から地域での避難訓練で、どこに逃げたらいいのか、どの道を通ればいいのかを確認していたから、焦っていても、迷わず避難ができた、と語られており、日頃から「自分の目で」避難経路を確認しておくことの重要性を感じました。しかし、なかなか自分ひとりで行動を起こす機会がありません。

そこで、自治会・町内会が避難訓練のタイミングでこのような機会があるとせっかくだし、家族で確認してみよう、と我が家で決まりました。

 

では自治会・町内会、自主防災会は避難先ではどういった活動をしているのでしょうか。

 

それは、行政から物資の他に、各地域で備蓄している防災用具を配布したり、協力して炊き出しをしたり、地域内の被害状況を確認して行政に報告したりしています。

緊急時には自治会・町内会に入っている、いないに関わず避難物資を受け取ることがもちろんできます。

しかし、自治会・町内会、自主防災会で備蓄している防災用具や炊き出しの費用などは、自治会・町内会費からねん出されます。また、安心して避難所生活を送れるのは、役員のみなさんが日頃から訓練を行い、いざという時には中心になって対応してくれているおかげです。

 

自治会・町内会に入って何の利点があるのか、というご質問をよく受けます。

すぐに目に見える何かを受けられる組織ではないことをご理解いただきたいと思います。

しかし、困った時には強い味方になる組織であり、そのために日頃から活動をしているので、無関心でいると、なかなか活動が見えないこともあります。気になることがありましたら、ぜひ自治会長さんに聞いてみてください。

また、自治会・町内会の活動は、何かをしなければならないという決まりのない、地域のみなさんによる自主的なものです。そのため、地域によって活動の差があることもご理解ください。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱