現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 生涯学習課・埋蔵文化財センター・公民館 > 飯島 章 > 「本陣御朱印」が始まります(飯島章)

印刷する

更新日:2022年6月2日

ここから本文です。

「本陣御朱印」が始まります(飯島章)

いよいよ令和4年6月3日(金曜日)から、「本陣御朱印」が始まります。

そこで今回は、すでに市ホームページに記事を掲載しています「本陣御朱印」についてささやきます。
「取手の火の見やぐら」の続編は、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

寺院・神社を参拝した証(あかし)として、ここ数年来御朱印がブームとなっています。
御朱印のほかには、天皇陵に詣でた証の御陵印が戦前からあります。
さらに近年は、お城を訪ねていただく御城印、鉄道に乗った記念の鉄印や駅印、さらには街道を旅して宿場でいただく宿場印、古墳を訪ねての御墳印(墳印)と、様ざまな御朱印が登場しています。

旧取手宿本陣染野家住宅は寛政7年(1795)の建築で、水戸街道に残る本陣建築3棟の中では最も古いものです。
また規模も最大で、唯一敷地や内部や一般に公開されています。

水戸街道の宿場から発展した取手市を象徴する文化財でもある旧取手宿本陣ご来場の証として、この機会に「本陣御朱印」をお持ち帰りください。

本陣御朱印の台紙は、受付にてお一人様1枚を無料で配布します。
台紙に本陣印二つをお好きなレイアウトで押印してください。
印は、本陣イラスト印(藍色)と本陣御朱印(朱色)になります。
下は見本になります。
「本陣御朱印」の見本
あまり変わり映えしませんが、右側は印を台紙の中央に押しています。
左側は、印をやや左に寄せて押しています。
台紙に印刷された文字と、印の文字やイラストが干渉せず、どちらもはっきりと読み取れるように押すのは思いのほか難しいです。
また左側の下の御朱印は、少し曲がってしまいました。
皆様も、ぜひ挑戦してみて下さい。
年月日は、各自でご記入ください。
「本陣御朱印」は、受付で無料で配布している本陣パンフレットの表紙に、お好きなレイアウトで押印もできます。
下は見本になります。
本陣パンフレット表紙に押した「本陣御朱印」

本陣パンフレットに押した「本陣御朱印」の見本
ご持参の御朱印帳・スタンプ帳・ノートなどにも御自由に押印できます。
「本陣御朱印」の押印は、全て無料です。

「本陣御朱印」の郵送による配布はありません。
皆様のご来場をお待ちしています。

今回は手前みそな宣伝になってしまい、申し訳ありませんでした。
最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

 

広告エリア

広告募集要綱