現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 文化芸術課 > クロヒョウ > JOBANアートライン協議会は面白い!(クロヒョウ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月31日

JOBANアートライン協議会は面白い!(クロヒョウ)

JOBANアートライン協議会は、常磐線沿線にあります台東区・荒川区・足立区・葛飾区の4区、松戸市・柏市・我孫子市・取手市の4市と東京芸術大学、JR東日本東京支社の10団体で構成されている組織です。
常磐線のイメージアップと沿線自治体の活性化を図ることを目的としてアートを基調とした沿線情報の共有と連携環境の整備により、沿線内外への情報発信力の強化と交流人口の拡大を目指しています。

JR東日本の電車や駅等での忘れ物傘を使用して、傘に親子で絵を描いてもらいプレゼントするイベントなどを開催しています。常磐線を使った謎解きスタンプラリーも好評です!
ペイントした傘の模様を見せている写真

ペイントした傘をさしている女の子の写真

傘に絵を描いている写真

協議会PR用プロモーションビデオもありますよ。出演者は芸大首席のかたやピアノ・バイオリンで国際コンクール入賞者のかたが出演し実際に演奏して頂いております。面白い取組をしていますので、皆様ご関心を頂ければ幸いです。バックミュージックは雨の音にのせて!バイオリンの金額は○○○万円!

「JOBANアートライン協議会」プロモーションビデオ出会いバージョン(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

「JOBANアートライン協議会」プロモーションビデオ旅立ちバージョン(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

広告エリア

広告募集要綱