現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 【国民年金】受給資格が足りない65歳以上が年金を受け取る方法(くろまめ)

印刷する

更新日:2020年10月22日

ここから本文です。

【国民年金】受給資格が足りない65歳以上が年金を受け取る方法(くろまめ)

皆さんこんにちは。食後のコーヒーは欠かしたくないくろまめです。でもコーヒーは全く詳しくないです。酸っぱくなくて苦くないコーヒーが良いなというくらいです。ちなみに皆さんはドリップコーヒーとアメリカーノの違い、分かりますか?コーヒーに詳しいかたがいらしたら、コーヒーについてぜひ教えていただきたいです。

さて、10月入ってからささやき続けている「任意加入」。今日は「任意加入の特例」についてお話します。65歳過ぎて年金の受給権がないからと諦めていたかたに朗報です。

「任意加入の特例」で国民年金の受給資格を得られます

「任意加入の特例」は65歳以上70歳未満のかたが老齢基礎年金を受け取る資格を得るために加入する制度です。老齢基礎年金を受け取るためには受給資格期間を満たしている必要があります。

対象者

  • 国内に住所のある65歳以上70歳未満のかたで、受給資格期間を満たしていないかた
  • 日本国籍を有し海外に居住する65歳以上70歳未満のかたで、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていないかた

(注意)対象となるのは65歳以上70歳未満で老齢基礎年金の受給資格に満たないかたです。当たり前ですが、任意加入することで10年の資格期間を満たせるかたに限ります。

国民年金保険料の免除申請は2年1か月前まで遡って申請できます

保険料の免除・納付猶予申請は2年1か月前まで遡ることができます。令和2年10月現在は平成30年9月から令和3年6月分の免除申請を受け付けています。年金保険料のお支払いが厳しいかたは一人で悩んだまま未納にするのではなく、市役所の国保年金課までお越しください。

(くろまめのひとりごと)

老齢基礎年金を受け取るために必要な受給資格期間。今は10年(120か月)以上年金保険料を納めれば老齢基礎年金を受け取ることができます。ちなみに平成29年7月以前は25年(300か月以上)必要でした。

冒頭のドリップコーヒーとアメリカーノの違いですが、ドリップコーヒーは挽いたコーヒー豆をフィルターに入れて上からお湯をかけて抽出したもの。アメリカーノはエスプレッソをお湯で割ったものです。

お問い合わせ先

ご自身の年金額や年金制度についてのお問い合わせはこちらへどうぞ。

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

広告エリア

広告募集要綱