現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 障害基礎年金の基本の「き」(くろまめ)

印刷する

更新日:2021年2月9日

ここから本文です。

障害基礎年金の基本の「き」(くろまめ)

皆さんこんにちは。まだまだ寒い日が続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。今年はインフルエンザという言葉がメディアで流れないなと思うこの頃です。新型コロナウイルス感染予防のためにマスク、手洗いうがいをしっかりしているからでしょうかね。

障害基礎年金って何?

障害基礎年金は、国民年金の被保険者期間中に初診日がある病気やけがで障害者になったときに支給される年金です。

障害基礎年金を受けるために

障害基礎年金を受けるためにはいくつかの条件があります。

  • 国民年金の被保険者期間中に初診日があること

(注意)初診日に60歳以上65歳未満で日本に住民票があるかたは、国民年金被保険者の資格を喪失していても支給対象となります

  • 初診日から1年6カ月を経過した日(認定日)時点での障害の程度が国民年金法施行令で定める1級または2級に該当すること
  • 被保険者期間のうち、保険料納付済期間と保険料免除期間を合算して3分の2以上あること など

お問い合わせ先

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

 

 

厳しい寒さが続きますが、皆さん健康第一で毎日を過ごしましょう。

 

広告エリア

広告募集要綱