現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 遺族給付に法定相続情報一覧図が使えます(くろまめ)

印刷する

更新日:2021年5月10日

ここから本文です。

遺族給付に法定相続情報一覧図が使えます(くろまめ)

皆さんこんにちは。6月も半ば、早くも2021年の半分が過ぎようとしています。年齢を重ねるにつれて、1日1日、1年過ぎるのが早く感じるようになりました。過去を振り返り懐かしむ、という余裕が今はありませんが、あっという間に過ぎていく日々を後悔しないよう、前を向いて歩いていきたいです。

遺族年金や未支給年金の請求のための添付書類に、法定相続情報一覧図が使えます。

亡くなったかたと請求するかたの続柄が確認できる書類として,法定相続情報一覧図の写しを使えるようになりました。詳しくは下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

年金を受けているかたが亡くなったとき(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

法定相続情報一覧図の写しは法務局で発行できます。元々相続手続きの簡略化のためにつくられた制度ですが、年金手続きでも使えるようなりました。これで、戸籍謄本を何通も取る、といった手間が少しでも軽くなればいいなと思います。私は遺族給付の手続きで、この法定相続情報一覧図の写しを見たことはないのですが、今後お手続きされるかたが、この写しを持ってこられたときは、スムーズにお手続きできるようにしっかり覚えておこうと思います。

 

広告エリア

広告募集要綱