現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > スポーツ生涯学習課・国体推進室 > くろまめ > 農業ふれあい公園で野生のクワガタに出会う(くろまめ)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年7月11日

農業ふれあい公園で野生のクワガタに出会う(くろまめ)

皆さんこんにちは。くろまめです。トップの写真、ご覧になりましたか。今年は7月7日に予定されていた自然観察会が雨の影響で中止になってしまいました。農園近くの田んぼや林に生息する生き物たちを間近で見ることができ、毎年、クワガタも取れると聞いてとても楽しみにしていました。5月に行った親子田植えで植えた苗の成長も、参加者の皆さんと一緒に見られたらいいなと思っていたので、中止の決定は、私たちもとても心苦しかったです。本日、7月11日、天気も良かったので、同じ係の職員と田んぼの様子を見に行きました。

市之代の農業ふれあい公園にある看板です。なんとここは「子どもいきいき自然体験フィールド100選」に選ばれているのですね。植物や、野鳥、昆虫など、さまざまな生き物に出会えるようです。ちゃっかり看板にクワガタの絵がありますね。

田んぼの写真を撮り終えた後、同行した職員が連れてきたのが、トップ写真のクワガタです。私の目の前で草むらにおろしてくれました。

 同行職員の指にくっつくクワガタ。痛くないのかなと心配しつつ、貴重な光景に、写真を撮るくろまめ。

こんな至近距離でクワガタを撮ったのは初めてです。クワガタって目はどこにあるんだろう。と、写真を撮りながら、クワガタに興味津々の私。クワガタも、こんなに人間と至近距離で対面したことはないでしょう、多分。暴れず騒がず写真に写ってくれてありがとう。ただ、観察していると、どうもクワガタは草むらを歩くのが苦手な様子。足をとられ、なかなか前に進めません。

「写真撮れましたか?」と、同行した職員。月木SAY(げつもくせい)でささやきたいと言っていた私に、クワガタを3匹も連れてきてくれました。さらに写真を撮った後は、クワガタを元いた木に戻してあげました。

ちなみに、この市之代の農業ふれあい公園は、取手市のヘルスロードにも認定されています。高井城址公園から小貝川をとおって、自然を満喫できるコースです。この時期は日中はとても暑いので、早朝のお散歩が特におすすめです。そういえば、私も小学生のとき朝6時に公園に集まってみんなでラジオ体操をしました。懐かしい思い出です。

今回は農業ふれあい公園での、クワガタとの出会いをお送りしました。皆さんも、夏ならではの生き物たちに出会ったら、ぜひじっくり観察してみてください。新しい発見があるかもしれません。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱