現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 「わたしと年金」エッセイ応募します(くろまめ)

印刷する

更新日:2020年8月7日

ここから本文です。

「わたしと年金」エッセイ応募します(くろまめ)

皆さんこんにちは。もうすぐお盆ですね。今年は新型コロナウイルスの影響で故郷や実家への帰省は控えるよう各都道府県の知事がお願いしています。遠く離れた親戚に会える機会といえば年末年始とお盆くらいなものなので、直接顔を見て触れ合うことができないのは心苦しいというか寂しいですが、ここはみんなで我慢するときですね!ここが勝負時ですよ。コロナウイルスなんかの餌食になってたまるもんか、日本人の意地と根性を見せつけてやりましょう!

「わたしと年金」エッセイ

皆さん「わたしと年金」エッセイをご存じですか?「わたしと年金」エッセイは、日本年金機構が厚生労働省と協力して開催しているものです。毎年11月を「ねんきん月間」として、年金の大切さや意義を皆さんに広く周知し理解を深めていただくためにさまざまな取り組みを実施しており、「わたしと年金」もこの取り組みの一環です。

日本年金機構「令和2年度 わたしと年金 エッセイ募集」のページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

人生初 「わたしと年金」エッセイ応募します

そのままです。年金係になって、日々国民年金について学んでいます。その中で「自分にとって年金って何だろう」「自分と同年代もしくはもっと若い世代のかたがたに年金の大切さや意味を伝えるためには、何より私自身が年金の大切さや意味を理解している必要がある」と考えるようになりました。その思いを言葉にするために、「わたしと年金」エッセイにチャレンジしてみようと思っています。

え?今日のささやきはこれだけかって?そうです。「私は【わたしと年金 エッセイ】に応募します」とささやくために筆を取りました(キーボードをたたきました)。今年の夏は外出も自粛な雰囲気でご自宅で過ごされるかたも多いと思います。みなさんも一緒にエッセイ応募してみませんか。「今年は茨城県取手市からの応募が異様に多いな…」と日本年金機構を驚かせましょう!

令和2年度の国民年金保険料免除・納付猶予申請を受け付けています

7月から令和2年度の国民年金保険料の免除申請が始まりました。令和2年8月現在は、平成30年7月以降の年金保険料免除の申請を受け付けています。それから、保険料免除・納付猶予申請は毎年度申請が必要です。継続して免除が必要なかたは忘れず毎年申請をお願いします。

お問い合わせ先

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

 

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

広告エリア

広告募集要綱