現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 【国民年金】残高不足で口座引き落としができなかったときは(くろまめ)

印刷する

更新日:2020年8月14日

ここから本文です。

【国民年金】残高不足で口座引き落としができなかったときは(くろまめ)

皆さんこんにちは。8月も残り1週間となりました。セミの鳴き声で季節の移ろいを感じる今日この頃です。ミンミンゼミとアブラゼミのハーモニーから、だんだんツクツクボウシやヒグラシの鳴き声に変わっていくんです。夏の終わりのハーモニー(名曲だと思っています)ですね。さて、今回も窓口や電話でお客様から受けた質問にお答えしていきます。

(質問)年金保険料を口座引き落としにしているが残高不足で引き落としができませんでした。どうなりますか。

残高不足で引き落とされなかったら焦りますよね。

(答え)納付期限の翌月に翌月分の保険料と一緒に引き落とされます。

国民年金の保険料(通常の定額保険料)の口座振替は、納付対象月の翌月末が振替日です。

(例)4月分の年金の保険料は5月末に引き落とされます

ちなみに付加保険料も同時に口座振替で納めている人は、付加保険料も翌月に一緒に引き落とされます。

平成30年7月分の保険料を納めていない人は急いで!

国民年金の保険料は2年1か月前まで遡って納めることができますが、それを過ぎると未納のままになってしまいます。まだ平成30年7月分の保険料を納めていないかたは年金事務所に問い合わせて納付書を送ってもらい保険料を納めるか、免除申請の手続きをしてくださいね。

(くろまめのひとりごと)

在留外国人のかたが納付書を持って相談に来ることがよくあります。国民年金の制度を知らない人にとってはいきなり納付書が送られてきて驚いてしまうようです。多くのかたはこんなに払えないといってそのままにしてしまうのですがとてももったいない。こういうかたがたにきちんと免除申請をしていただけるようご案内するのが私たちの役目だと思っています。今日もおひとり相談に来たかたがいました。「こんなに払えない」とお困りでしたが「あなたは申請すれば免除になる可能性が高いです。正当な手続きを踏んで保険料を免除しましょう」とお話したら免除申請をしてくれました。手続きの最後に「I'm so happy.  Thank you]と言っていただけて、感無量です。思わず「Me   tooooooooooooo!!!!」と答えてしまいました。

お問い合わせ先

ご自身の年金の加入状況や年金額をお知りになりたいかたは下記へお問い合わせください。

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

 

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

広告エリア

広告募集要綱