現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 国保年金課 > くろまめ > 年金いらないよ。と考えている人はご一読を(くろまめ)

印刷する

更新日:2020年8月31日

ここから本文です。

年金いらないよ。と考えている人はご一読を(くろまめ)

皆さんこんにちは。いきなりですが皆さんは稲刈りをしたことはありますか。国保年金課にくる前は教育委員会スポーツ生涯学習課にいた私ですが、スポーツ生涯学習課では親子体験事業として「市内小学生親子による田植え体験」をやっていました。5月に田植え、9月に稲刈りを体験し自分が収穫したお米をもらえるこの事業。毎年多くのご家族にご参加いただいておりました。今年は新型コロナウイルスの影響で開催できないようですが、頭の中で田んぼの土や草のにおい、穂先に実をたくさんつけた稲が頭を垂れているようすを思い出す今日この頃です。

(質問)年金いらないから入らなくてよいですか?

(答え)困るのはあなただけではないことを自覚しましょう

 「年金はいらない」と言って加入しなかった人、保険料を納めなかった人の中に、障害を持ったり遺族の状態になったり、老齢になっても年金をもらえない人がいます。もしあなたがその人になったとき、あなたの生活の面倒をみるのはあなたの子どもや家族だと思います。あなたの面倒をみるためにあなたの家族に重い負担を負わせることになるという現実を認識してください。

国民年金は、この重い負担からあなたの家族を守るものです。

国民年金の保険料免除・納付猶予制度を活用しよう

保険料の免除・納付猶予申請は2年1か月前まで遡ることができます。ということは、平成30年7月分の保険料免除申請は今日までです。年金保険料のお支払いが厳しいかたは一人で悩んだまま未納にするのではなく、市役所の国保年金課までお越しください。

(くろまめのひとりごと)

8月が終わりますね。山下達郎の「さよなら夏の日」が脳内に流れています。夏にちなんだ歌に名曲が多いきがするのは私だけでしょうか。「夏の終わりのハーモニー」も良い曲だし、「ふたりの夏物語」も名曲だと思っています。皆さんの夏の歌といえば何でしょうか。

お問い合わせ先

ご自身の年金額や年金制度についてのお問い合わせはこちらへどうぞ。

土浦年金事務所

(郵便番号)300-0812 茨城県土浦市下高津2-7-29

(電話番号)029-825-1170(お客様相談室)

「ねんきんダイヤル」

(電話番号)0570-05-1165(ナビダイヤル)

(電話番号)03-6700-1165(一般電話)050で始まる電話番号でおかけのかたはこちら。

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

広告エリア

広告募集要綱