現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 水とみどりの課 > 極度の乾燥 > 小堀地区にネモフィラが咲きました(極度の乾燥)

印刷する

更新日:2021年4月9日

ここから本文です。

小堀地区にネモフィラが咲きました(極度の乾燥)

皆様こんにちは。冬の寒さも少しづつ和らぎ春の暖かな気温が心地よく眠くなる時期ですが、「小堀の渡し」の小堀桟橋の近くにてネモフィラが咲きました。画像で見るより現地で訪れたときには感動しますので是非訪れてみてはいかがでしょうか。

ネモフィラ4

ネモフィラの特徴

ネモフィラは北アメリカ原産で茎の先から丸みをおびた花を咲かせます。ネモフィラの葉はよく分岐する特徴があり地面を這うように茂ります。また青い花の中心が白いため英語では「Baby Blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)」と呼ばれています。日本でも国営ひたち海浜公園内の「ネモフィラの丘」が有名ですが規模は大きくはないですが小堀でも絨毯のように広がったネモフィラを見ることができます。

ネモフィラ2

ネモフィラの花言葉

ネモフィラはギリシャ語で「小さな森を愛する」という意味があります。これは森の中の日があたるところで群青しているのが発見されたことが由来だとされています。

花言葉は「可憐」「あなたを許す」「どこでも成功」
「どこでも成功」についてですが、ネモフィラはもともと野草であるため繁殖力が強く、各地で育てられていたため、栽培が簡単で種を蒔けば花が咲くということが由来です。

 

船を見ながらお花見できる!

ネモフィラ以外にもたくさんの種類の花が咲いております。
是非訪れてみてください!

ネモフィラ5

 

広告エリア

広告募集要綱