現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 図書館 > pulumeria > もうすぐ七夕。今年の七夕は何を願いますか?(pulumeria)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月3日

もうすぐ七夕。今年の七夕は何を願いますか?(pulumeria)

今年も、半分過ぎてしまいました。この半年は、今までに経験のないコロナウイルスで私たちの生活は大きく変わりました。何気ない日常生活。必要なものはいつでも買える。行きたい所はいつでも出かけられる。そんな生活をしてきた私たちに「自粛」という言葉が。過ぎてしまうと忘れかけてしまいますが、工夫次第で生活できることを学びました。我慢もできました。生きていくことも学びました。今、思うとこの経験がこれからの私たちの生き方について学ばせてくれたように思います。おばあちゃんは、「昔、戦争は食料がなかったから、ごはんにサツマイモを入れて炊いたりしたんだよ。あの森に防空壕があって入ったんだよ。今回のコロナウイルスは家、食料、電気もあるからまだ我慢できるよ。」と話してくれました。戦争経験者はすばらしいと感じました。

もうすぐ七夕です。今年は今までと違う願いごとになりそうですね。プルメリアはとにかく健康であることが一番の願いです。図書館には、七夕をテーマにした本があります。過去に読んでおいた課題図書の本をご紹介します。この本を読むと心があったかくなります。ぜひ心にも栄養を。7月7日の夜。夜空を見上げてお星様にお願い事を話してみましょう。願えば、いつかきっと叶うと思って。

おこだてませんように

「おこだてませんように」

くすのきしげのり作/石井聖岳絵/小学館

ご予約はこちらからどうぞ

取手市立図書館ホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

ひみつ

「ひ・み・つ」

たばたせいいち/童心社

ご予約はこちらからどうぞ

取手市立図書館ホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

 

 

広告エリア

広告募集要綱