現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 図書館 > pulumeria > おにぎりを作ってみませんか?(pulumeria)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月10日

おにぎりを作ってみませんか?(pulumeria)

雨が多い季節ですね。雨の日は、皆さん家の中でどのように過ごされていますか?今回の本は、小学生から大人のかたまで読んでいただける「みらいおにぎり」のご紹介です。毎日当たり前のようにご飯を食べて今を過ごせることだけでも感謝です。93歳の料理家タミ先生。タミ先生の所に昨年の春に小学生の子どもたちからお手紙が届き母校で授業をすることになりました。お料理や物の大切さを子どもたちと一緒に学びます。それがきっかけとなりこの本は書かれました。タミ先生の言葉の中で、とても心に残るメッセージを紹介します。「人間だってお酒や味噌のように発酵する時間が必要。普段からいろいろ経験しておくとピンチの時に助けてくれるんです。」いま、コロナウイルスの影響で世の中は不安定です。こういう時にこそ何かできることはないかなと考えさせられます。今、プルメリアは苦手な縫い物に挑戦しています。ハワイアンキルトも挑戦中です。

みそおにぎり 

巻末にタミ先生のおにぎりの作り方がのっていましたので早速シンプル味噌おにぎりを作りました。水で手をぬらして、塩をつけてご飯をぎゅぎゅとにぎり発酵食品の味噌をつけて。愛情のたくさんつまったおにぎりが完成。休日は冷蔵庫にあるおかずでおにぎり作りも楽しいですね。

この本のご予約はこちらからどうぞ

みらいおにぎりひょうし

「みらいごはん」桧山タミ著/文芸春秋

取手市立図書館ホームページ(外部リンク)(別ウインドウで開きます)(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

 

 

広告エリア

広告募集要綱