現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 図書館 > pulumeria > 4カ月健診で赤ちゃん絵本をプレゼントしています(pulumeria)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月29日

4カ月健診で赤ちゃん絵本をプレゼントしています(pulumeria)

取手市では、平成17年より4カ月健診会場にてブックスタート事業を行っております。ボランティアのかたが、お一人お一人の親子に一冊づつ本を読み聞かせをして、好きな絵本を選んでいただきプレゼントをする事業です。赤ちゃんが生まれて初めて出会う本。ニコニコ赤ちゃん、かわいらしい声を出してくれる赤ちゃん、前のめりになって聞いてくれる赤ちゃん。とても穏やかな空間です。しかし、現在はコロナウイルスの関係で本のお渡しのみになってしまいました。ですので、これから健診に来られる親子のかたに事前に本の紹介をさせていただきますね。4冊の中から1冊を選んでいただきます。プルメリアが本の紹介を手書きでつくりましたので参考にしてみてください。手書きって温かいイメージがとても伝わります。

赤ちゃん絵本1

「くだもの」平山和子さく/福音館書店

「じゃあじゃあびりびり」まついのりこさく・え/偕成社

くだもの

じゃあじゃあ

赤ちゃん絵本2

「いないいないばあ」松谷みよこ文/瀬川康男絵 童心社

「おつきさまこんばんは」林明子作/福音館書店

いないいないばあ

おつきさまこんばんわ

図書館職員は、本を読むのはもちろん、お客様に手に取って、読みたくなってきたなあと思えるように紹介文も日々考えています。さあ、赤ちゃん絵本どれが読みたくなってきましたか?図書館には赤ちゃん絵本コーナーを設けております。

取手市立図書館ホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

 

広告エリア

広告募集要綱