現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 政策推進課 > プリン > シクラメンからのエール!?(プリン)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年7月30日

シクラメンからのエール!?(プリン)

7月24日は本来なら東京オリンピックの開会式でした。今頃は日本中がオリンピックで盛り上がっている頃でした。そんな中、台所から庭を眺めていると植木鉢から何かが伸びていました。毎年暮れから翌年の5月頃まできれいな花を咲かせて楽しませてくれるシクラメンの鉢でした。花が終わった後、庭の木陰に置いてあったものですが、何年前のものだろうか…。この葉から植物の生命力を強く感じ、自粛、自粛で気分が滅入っていたなか、とても励まされました。風にそよぐその姿は、まるで「頑張れ!コロナに負けるな!」とエールを送られた気がしました。

同じ時期に、お花の教室も再開されプリザーブドフラワーのアレンジメントも作ることができました。ささいなことですが、花に元気をもらい癒やされ幸せな気分になりました。

10月1日は、取手市市制施行50周年を迎えます。同じく10月1日に、国勢調査は100年目を迎えます。大正9年から始まりましたが、今年はコロナ禍での調査となります。約500名の調査員さんの安全を第一に、コロナの感染防止品を用意したり、対面を避けて調査票を配布し、調査員回収ではなく、インターネットや郵送での回答となります。現在、説明会に向けて準備を進めているところです。

シクラメンの花が咲く頃には、国勢調査も調査票の集計をして県への提出の準備をしている頃です。無事に花が咲きますように願っています。

 

広告エリア

広告募集要綱