現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > 蓮太郎 > 取手一高でシティプロモーションのお話をしてきました!(蓮太郎)

印刷する

更新日:2021年7月8日

ここから本文です。

取手一高でシティプロモーションのお話をしてきました!(蓮太郎)

はじめまして

今年(令和3年度)入庁しました蓮太郎です。

ついに私も月・木・SAYのアカウントをプレゼントしてもらったので、今日から先輩たちと共にささやいていきたいと思います!よろしくお願いします。

取手一高で講師を

令和3年7月7日(水曜日)に、取手一高の一年生が履修する「産業社会と人間」の講師として、魅力とりで発信課が呼ばれました。

産業社会と人間

「産業社会と人間」とは取手一高の一年生が総合学科として履修する授業です。生徒の将来的な充実した社会参画を実現することを目標に、授業を展開しています。講師のかたは様々な分野から13の団体が招かれました。

シティプロモーションのお話

魅力とりで発信課は取手市のシティプロモーションを行っています。授業では「もし取手一高が存続の危機の時、どうやって人を呼ぶ?」をテーマにみんなでシティプロモーションについて考えました。

生徒12名が教室で席に着き講師が授業をしている様子を生徒の後ろから撮った写。

生徒からは「ターゲットは中学生!」「楽しそうなイベント、様子を動画にする」「SNSで広める」など積極的な意見が出され嬉しかったです。

プロモーションはその内部にいるかたの意見や発信がとても効果があると言われています。取手一高の生徒にも取手市に関わりがある身としてぜひ積極的に情報発信を行ってください!

ほどよく絶妙サイト

発信と言えば取手市にはシティプロモーションサイト「ほどよく絶妙とりで(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)」があります。
「ほどよく絶妙とりで」では市民のかたが投稿できるサイトでもあるのでぜひ皆様も投稿お願いします!

 

 

広告エリア

広告募集要綱