現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ロビン > 取手市役所の最寄り「寺原駅」周辺が生まれ変わる?(ロビン)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年5月2日

取手市役所の最寄り「寺原駅」周辺が生まれ変わる?(ロビン)

おはようございます。ロビンです。

突然ですが、私の主なニュースソースは、スマートフォンのニュースアプリやpodcast(ポッドキャスト)という音声で配信されるニュースです。

podcast(ポッドキャスト)は、アプリに番組を登録しておけば自動的に配信されて、毎日通勤時間などに音声で聞けるので、徒歩であっても車であっても、楽で便利です。(自分はさらに、時短のために倍速再生して聞いています。これも音声データだからこそできるメリットです。)

podcast(ポッドキャスト)は、ニュース以外にも、語学やお笑い、深夜ラジオ的なものなど、ジャンルは色々で楽しいですよ。最近は、書籍を音声で聞くオーディオブックもかなり一般化してきました。これも「本を読むのは億劫(おっくう)だけど、この本は気になるなぁ」という時に楽で便利です。

 

さて、一昨日、そんなpodcast(ポッドキャスト)の「聴く日経」という番組を聴いていたら、ニュース中に「取手市」という言葉が出てきました。日経新聞の企業ニュースで「取手市」が出てきたのでちょっとびっくりして調べてみました。

 

すると、寺原駅前にあったゴルフ練習場の周辺が、先進的・独創的な研究環境を整備した新技術研究所に生まれ変わるというではありませんか!しかも、研究所と寺原駅前を一体的に整備するようで、完成予想図を見ると寺原駅の下りホームにも改札があるように見えます。研究所もとても大きくきれいで寺原駅前とは思えない絵になっていました。

オープンラボとして、国内外の色々な企業による実験場としても開放するそうです。交流人口増加にも好影響がありそうですね。

2018年にオープン予定とのこと。楽しみに見守りたいと思います。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先