現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ロビン > 「ほどよく絶妙とりで」「絶妙法師」ジワジワ浸透中!?(ロビン)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年4月7日

「ほどよく絶妙とりで」「絶妙法師」ジワジワ浸透中!?(ロビン)

こんにちは。ロビンです。
皆さん、「ほどよく絶妙とりで」「絶妙法師」をご存知でしょうか?

取手市では「取手はどんな街なのか」を示す旗印としてブランドメッセージ「ほどよく絶妙とりで」を昨年末に策定し、その普及を図るためのプロモーション活動をおこなっています。

取手市ブランドメッセージ「ほどよく絶妙 とりで」が決まりました

3月には、このブランドメッセージをもとに取手市のPR動画と特設サイトの公開も行い、第1話「絶妙法師、取手駅にタイムスリップ」の再生回数は4万6千回を超えています。Facebookやtwitterでも「面白い」「なかなかやるな、取手」といったコメントもいただいています。

「ほどよく絶妙とりで」ムービー・ウェブサイト

つい先日、新任職員研修で講師をやらせていただいたので「ほどよく絶妙」がどれくらい浸透しているか、「知ってる人?」と確認してみたのですが、実はあまり認知されていませんでした…。
まだまだプロモーションが足りていないな、と反省しつつ、みなさまにも日常会話などでドンドンと使っていただき、まずは言葉そのものを普及させたいと思い、本日のささやきと相成りました。

広報紙毎月1日号8面で新連載「発掘 ほどよく絶妙とりで」が始まりました。
市内外のどこでPR動画が放映されているか、などの情報をお伝えするページも作成予定です。

ぜひ「ほどよく絶妙とりで」「絶妙法師」を普及させて、取手の知名度アップにつなげていきましょう。
よろしくお願いいたします。

映画監督のピクトグラム

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先